葬送のフリーレン 雑誌掲載最新話

葬送のフリーレン 最新 第68話 ネタバレ&感想 故郷

2021年10月6日発売の

週刊少年サンデー 2021年45号に

掲載されている

葬送のフリーレン 第68話

ネタバレ&感想になります。

 

第68話 北部高原

内容ネタバレ

 

勇者ヒンメルの死から29年後。

北側諸国ナーハリヒト地方。

 

火山地帯を抜け寒くなってきた頃

フリーレン一行は

北部平原の関所に辿り着く。

 

しばらくまともな補給ができない

とのことで関所を通る前に

街で必要な物資を揃えることに。


準備も終わり関所を通り

北部平原へと足を踏み入れた

フリーレン一行。

 

シュタルクは危険って

言っていた割には

普通の場所だなと呟くが

フリーレンとフェルンは

すでに魔物に周りを

囲まれていることに気づいていた。

 

こんなのはまだ序の口だと言う

フリーレンに従い

襲い来る魔物たちと戦うことに。

 

そして三日三晩

気が抜けない日を過ごし

とある集落を発見する。

 

休ませてもらえないかと

頼んだフリーレン達を

快く受け入れる集落の男だが

代わりと言ってはなんですがと

ある頼みごとをされることに。

 

それはこの先の街道に出た

強力な魔物を討伐して

欲しいというものだった。

 

フリーレン達はどうせ北上するし

ついでに討伐しておくと了承し

シュタルクもそれに同意するが

疑問に思っていることを口にする。

 

街道を南に下れば

三日もあれば北部高原を出られるのに

こんな危険な場所で暮らす必要は

ないんじゃないかと。

 

集落の男は確かにここは

北側諸国でも危険な土地だと

認めた上で語る。

 

ですが私達はここで

生まれ育ったのです。

 

この土地には家族との思い出が

たくさん詰まっており

だれが故郷を捨てられましょうかと。

 

あくる日集落を出た

フリーレン達は北上する途中

街道に立ちふさがる魔物を発見する。

 

どうやらこの魔物が

集落の男に頼まれた魔物らしく

フリーレンから油断しないようにねと

すぐさま戦闘態勢へ。


苦戦しつつもなんとか討伐に

成功したフリーレン達だが

前衛のシュタルクはかなり疲れたようで

木に寄りかかって座り込んでいた。

 

そんなシュタルクに

フリーレンは語る。

 

まだ北平減の入り口で

この程度の強さの魔物は

これから山ほど相手に

することになると。

 

それを聞きシュタルクは

フリーレンに問いかける。

 

これならやっぱり海路でも

良かったんじゃねぇか?

金を払う価値はあると思うと。

 

その言葉にフリーレンは

笑みを浮かべ昔を思い出す。

 

ヒンメル一行が同じように

北部平原で強い魔物を討伐した際

フリーレンはシュタルクと

同じ言葉をヒンメルに問いかけていた。

 

ヒンメルはだからこそだと語る。

北部平原にもたくさんの人が住んでいる。

 

僕は自分の故郷を

守りたくて勇者になった。

他の誰かの故郷も守りたいんだと。

 

フリーレンは笑みを浮かべ

ヒンメルと同じ言葉を

シュタルクに告げる。

 

シュタルクは笑みを浮かべ

確かにそうだなと言い

フェルンからも

頑張りましょうとの声が。

 

そして気合入れて進むよと

フリーレンがフェルン達を促し

先を進むことに。

 

しかしシュタルクは何故か

座わりこんだまま動かず・・・。

 

そんなシュタルクにフリーレンは

どうして座ったままなの?と

声をかけるが返ってきたのは

腰が抜けちゃったとの言葉だった。

 

そんなシュタルクにフェルンは一言

情けない・・・と零すのだった。

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

旅は順調に進んでいるみたいですが

思っていた以上に北部高原は

危険な場所みたいですね。

 

関所を抜けて早々に

魔物の群れに襲われ

三日三晩に渡って気が抜けないとか

そりゃ一級魔法使いくらいじゃないと

かなり苦戦を強いられるだろうなと。

 

単純に考えれば魔王城に

近づくにつれて敵が強くなるのは

間違いないのでこれから先の

戦いはより厳しくなるのかも。

 

ただまあ、魔王自体は

すでに討ち取られている以上

どれくらいの強敵が出てくるのかは

正直なんとも言えないですけどね。

 

それにしてもこういう一回限りの回って

最後にオチがつくことが多いですが

これもこの作品の特徴なんですかね?

 

まあ、その多くはシュタルクなんですが

テンプレとでも言えばいいのか

最初の勇者ヒンメル~もそうですが

こういう変わらないものは

なんだか安心します。

 

もちろん試験の時のように

繋がっている場合は

それかぎりではないんですが

だからこそ良いのではないかと。

 

私としてもこの作品は

今一番期待しているので

こういう部分は変わらないまま

これからも続いてほしいものです。

 

第67話へ

第69話へ

-葬送のフリーレン, 雑誌掲載最新話
-,

© 2021 オススメ漫画ネタバレ情報局