雑誌掲載最新話 宇宙兄弟

宇宙兄弟 最新 379話 ネタバレ&感想 父の言葉

2021年10月28日発売の

モーニング 2021年48号で

連載されている宇宙兄弟 379話

ネタバレ&感想になります。

 

第379話 更新

内容ネタバレ

 

日々人と共に地球にいる

両親との通信に向かう六太。

 

両親は相変わらずの様子だったが

父はまだ腰が悪いらしく

中腰でゆっくりとした動作で

画面に映っていた。

 

いつもの通りテンションの高い

母の勢いに押されながらも

近況について色々聞くことに。

 

地球では”宇宙兄弟”の記事が

ニュースになっているようで

母は嬉しそうにその事について

話していた。

 

そして引っ越した先での

生活など色々話した後

母が最後に何か一言と父に声をかける。

 

父は日々人と六太のそれぞれに

一言ずつ言っておこう・・・と

二人に言葉を送り・・・。


その後月では早速ロシアの

砂かけロボット”SS-1”による

リモートでの作業が行われていた。

 

その作業は順調に進み

日々人はそのパワフルさを見て

こいつだけで砂かけ作業

終わっちゃんじゃないの?と口にするが

ロシアにいるユルから

そうでもないとの声が。

 

”SS-1”はあくまで補助的役割であり

こいつのバッテリー容量と

砂の吐出量じゃロシア区画を

全部覆うのに1ヵ月はかかると。

 

結局のところマクシム4の滞在中に

ロシア区画を覆うには

NASAのマシンに頼るしかないようで

日々人と吾妻は久しぶりだと

笑みを浮かべていた。

 

そして彼らが早速明日からの

シミュレーションを始めた一方

六太とフィリップは

トレーニングに勤しんでいた。

 

月滞在が長い彼らは

かなり筋力体力が衰えていると

考えているらしく

これまで以上に頑張っていた。

 

それでも二人の顔には

やる気しかないようで

口元には笑みが零れていた。

 

トレーニングの最中

六太は父の言葉を思い出す。

 

父は日々人と六太

それぞれに言葉をかける。

 

日々人には念願の月面再訪で

ワクワクしていることだろう。

存分に楽しめよ。

 

そして六太には長期滞在の中

日々人の訪問によって

やはりワクワクしていることだろう。

存分に楽しみ直せよと。

 

六太は思う。

エディ達が月を経ってから

私もフィリップも

地球が恋しくなっていた。

 

だが新たなロシア区画の

運用準備に興奮し来たばかりの

彼らのワクワクも伝わってきて

私ももう一度月を楽しみたくなった。

 

”楽しみ直す”

彼らのおかげで私達の

なにもかも更新されたのだと。

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

両親との通信から始まった

今回ですが相変わらずでしたね。

 

父親はまだ腰が痛いようですが

母親はいつも通り

テンションMAXでしたし

父親もボケをかませるくらいに

元気な姿を見せてくれましたし

変わらない姿に安心しました。

 

そうしてからの父からの

二人に送った言葉は

かなり良かった!

 

あの父親って普段ボケ先行ですが

ここぞという時には

いい事言ってくれるんですよね。

 

今回の言葉は特に六太にとって

大きかったのではないかと。

 

なんだかんだで二人で月に残って

結構経ってますからね。

 

”楽しみ直す”というのは

前向きないい言葉だと思います。

 

欄外にもありましたが

ここはずっと来たくて

たまらなかった月面ですからね。

 

なんにしても六太も

今回の言葉で持ち直す

良いきっかけになったのではないかと。

 

マクシム4の本格的なミッションは

次回になりそうですが

上手くいくことを願っています。

 

気になる続きについてですが

予告では11/11発売の50号とのこと。

 

第378話へ

第380話へ

-雑誌掲載最新話, 宇宙兄弟
-,

© 2021 オススメ漫画ネタバレ情報局