雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 最新 724話 ネタバレ&感想 桓騎の弱点!?

2022年6月23日発売の

週刊ヤングジャンプ2022年

30号に掲載されている

キングダム 724話

ネタバレ&感想になります。

 

第724話 四つの大戦

内容ネタバレ

 

飛信隊も楽華も外へ出て行った事で

桓騎本軍を守るのは

前の壁軍と右に行った風范の

北東部軍だけとなっていた。

 

壁軍はすでに崩壊寸前であり

明らかに危機的状況だったが

それでも桓騎に動きはなく・・・。


壁軍が奮闘虚しく崩れ

すぐにでも正面の大軍が

襲い来る状況の中

摩論は未だ動きを見せない

桓騎に指示を求める。

 

このままでは何もせずに

ただあの大波に呑まれますっと。

 

しかし桓騎の指示は

まだいい、右で少し余ってる

北東部軍の予備を前に回して当てろ

という明らかにこの状況を

どうにかできそうなものではなかった。

 

李牧本陣の配下の者達は

桓騎がこの状況で何も反応を

見せないことを訝しんでいた。

 

ひょっとして

何か”狙い”があるのか・・・!?と。

 

しかし李牧は動きたくても

動けないのだと否定し

桓騎のこれまでの戦いに

ついて語り始める。

 

彼が中華に名を響かせたのは

大将蒙驁の副将の一人として

臨んだ山陽戦。

 

その戦いで桓騎は自軍の本陣を

介子坊軍が急襲したスキに

自ら玄峰本陣に乗り込み

その首を取った。

 

その翌年の合従軍の戦いでは

函谷関を守る桓騎はあろうことか

地上に降り立ち韓将成恢を討つ。

 

次に対象をつとめた黒羊丘の戦いでは

慶舎・紀彗の連合軍と戦い

丘の取り合いの戦場にも関わらず

まともな丘攻めの攻防を

ほぼせぬままに丘を取り勝利した。

 

そして先の扈輒との戦いでは

三倍もの扈輒軍の前に

敗戦の局面から・・・

再び扈輒本陣への急襲に成功し

扈輒を討ち取り逆転勝利をおさめたと。


李牧はこの大いなる四戦の勝ち方には

ある一つの”共通点”があると言い

配下の者達もそれが

”奇襲”・”奇策”による勝利だと気づく。

 

李牧もその通りだと認めた上で語る。

まともな”正攻法”な戦いの勝利が

”一つも無い”とも言えると。

 

それは劣勢を覆したために

そうする他なかったとも言えるが

黒羊戦は違っていた。

 

遠目にひそかに内偵していて

桓騎の戦い方に疑問を

持った瞬間があった。

 

それは開戦して三日目

右翼飛信隊が趙左翼を押し込み

最重要の丘を正面と右から

”挟撃”できる絶好の機会が

桓騎軍に到来した時。

 

何をどう攻めても桓騎軍が有利に

戦いを進められたのにも関わらず

桓騎は”今のように”何も動かず

その好機を逸した。

 

慶舎が討たれたのは結果論であり

慶舎が下らず丘を砦化していたら

そのまま趙軍は勝っていた。

 

どう考えてもそんな危険を冒すより

丘を挟撃すべきだったが

でもしなかった。

 

理由は攻め方が

分からなかったからだと。

 

四つの大戦以外を調べてみても

桓騎が基本的な戦術を使って

戦って勝った戦は一つもなかった。

 

野盗上がりの桓騎は

突然蒙驁の片腕となり

基本戦術を学ぶ間もなく

戦場に登場しそのまま

”才能だけで”戦ってきてしまった。

 

確かに桓騎は先読み・心理戦の

”天才”・・・”化物”で

それを知らずに戦った慶舎は敗れた。

 

しかしその派手な心理戦の

強さの下にうまく隠されているのが

”奇策以外の手段を知らぬ”という

桓騎の大いなる”弱点”であると。

 

だからこの状況でも桓騎は動かない。

包囲され特異な地形もなく

奇策に走れぬこの状況下では

何をしていいのか分からないから。

 

気をつけるべきは

こちらが大きく動きすぎないこと。

 

馬南慈らの軍を使わず

このままただ数の力で

じわじわ兵を減らしていき

その流れのままに

何も動けない桓騎を殺すのだと。


壁軍に続き風范軍も崩れ

さらに窮地に陥る中

桓騎は空を見上げていた。

 

摩論はそれを見て

ダメだ、いよいよ神頼みを・・・と

半ば絶望していたが

桓騎は何か考えついたのか

口元に笑みを浮かべ

摩論に伝令だと告げる。

 

いきなりの事に戸惑いながらも

誰に出すのか聞き返す摩論だが

対象となるのは桓騎軍で

それぞれ頭張ってる

全頭達とのことで・・・。

 

一方その頃李牧は

桓騎本軍を守る軍を

ほぼ”ならした”ことから

本軍がもし何かやるとしたら

今しかないと考えていた。

 

その考えは正しかったようで

次の瞬間桓騎本軍に動きが!?

 

李牧と共にその様子を見ていた

配下の者達は気づく。

 

奴らは”陣形”を組もうと

しているのではないかと。

 

その事実に驚きを隠せないのは

趙軍のみならず

摩論達桓騎軍も同様であり

戸惑いを隠せずにいた。

 

そしてついに布陣し終えたのか

桓騎軍の陣容が明らかになるが

予想だにしないものが姿を見せる。

 

それは桓騎を中心に

十字に敷かれた陣形であり

誰も知らない未知なる布陣だった。

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

桓騎の弱点と言われて

一体何のことかと思ってましたが

言われてみればって感じでしたね。

 

確かにこれまでの戦いを見る限り

正攻法で勝ったのはないですし

そういう結論になるのもわかる気がします。

 

ただそんな李牧の考えすらも

上回ってくれるのが

桓騎ではないかと期待したいところ。

 

現にその期待通りの動きを見せた

この最後の未知の陣形はアツいですし。

 

どんな意図でああしたのかはわかりませんが

あの李牧が目を見開いていたくらいですし

予想外なのは間違いないかと。

 

とりあえずあの陣形を見て

パッと思いついたのは三つ。

 

一つはあの十字の陣形が

四つの方向に矢のように突撃する。

 

もう一つが風車のように

回転することで

包囲する敵に対抗する。

 

最後が単純にあれに意味はなく

はったりで布陣しただけ。

 

とりあえず考えられるのは

それくらいですが

桓騎の考えは一般人には

到底理解できないものも多いので

その辺り気になる所です。

 

ともあれこれで事態が動くのは

間違いないと思いますし

どういう展開になるのか

続きが楽しみです。

 

第723話へ

第725話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

© 2022 オススメ漫画ネタバレ情報局