葬送のフリーレン 雑誌掲載最新話

葬送のフリーレン 最新 第100話 ネタバレ&感想 人類の魔法の歴史 祝連載100回&アニメ化

2022年9月21日発売の

週刊少年サンデー 2022年

43号に掲載されている

葬送のフリーレン 第100話

ネタバレ&感想になります。

 

第100話 魔法使いの基礎

内容ネタバレ

 

フリーレンに自身の魔法である

魔力をぶつける魔法を使われ

吹き飛ばされたソリテール。

 

傷を負い血を流しながらも

ソリテールは嬉しそうに笑い

フリーレンを称賛する。

 

お話や実験は数えきれない程

やってきたけれど

殺し合いをするのは

生まれて初めてかもしれないと。


互いに魔力をぶつける魔法を使う

フリーレンとソリテールの戦い。

 

どちらも一歩も退かず

激しい戦いが繰り広げられる中

フリーレンは思う。

 

やはりソリテールの

魔力の防御は圧倒的であり

こんな化け物との

魔力のぶつけ合いなんて

いつまでもやっていられないと。

 

そうした中、ソリテールは

フリーレンに話しかける。

 

このままだと消耗戦に

なってしまうわねと。

 

話を続けるソリテールに対し

フリーレンは時間の無駄だと

言いつつも考える時間ができるのは

悪くないかと判断し

話に付き合うことを決める。

 

ソリテールは語る。

私は人類の賢さも勇敢さも

魔法技術を共有し進化させる

群れとしての強さも知っている。

 

私は人類に狩られる日が

来ないと思っている程

傲慢ではないのだと。

 

だから私はその時が来たら

泣きながら命乞いをしようと

思っているの。

 

もしその日が今日で

手を下すのが君になるのなら

そのときの心境を是非

私に教えて欲しいと。


ごめんなさい。

改心します。

死にたくない。

 

私は貴方達と仲良く

なりたかっただけなんです。

ただやり方がわからなくて——

 

そう話すソリテールに対し

フリーレンは告げる。

 

そんな言葉はもう

数えきれない程聞いていると。

 

それを聞いたソリテールは

フリーレンに告げる。

 

だとしたら君の精神は

人類のものとは

掛け離れていると。

 

人の形をして人の言葉を話す

存在が許しを請うているのに

その言葉に耳を傾けること無く

殺し続けてきたのだから。

 

もうどっちが化け物なのか

わからないと。

 

そう言われたフリーレンは

やっぱりこれは会話じゃないと言い

ソリテールに告げる。

 

お前は人類の心理を

よく理解している。

今まで出会ったどの魔族よりも。

 

けれどもお前は

共存とは最も違う場所にいる。

 

お前のやっていることは

檻の中の動物に刺激を与えて

反応を見ているのと同じだと。

 

その上で今の心境について語る。

私の相手がお前のような

残虐な魔族で安心しているよ。

久々に心を痛めずに済みそうだと。


一方その頃デンケンとマハトは

どちらも一歩も退くことなく

戦い続けていた。

 

戦いの中、マハトは思う。

デンケンの魔法の精度が上がり

攻撃が読まれる回数も増えていると。

 

この短時間で

戦い方も変わっている。

 

いや違う。

思い出しているのか。

俺の動きを。

 

だが——実力に大きな差が

あることには変わりない。

 

持久戦になればなるほど

こちらが有利になると。

 

そしてデンケンもまた

戦いながら思っていた。

 

やはり大技は一度も当たらない。

当時と同じだ。

半世紀前もそうだった。

 

儂の魔法がマハトに

当たることはなかった。

たった一度を除いては。

 

そして今回も当たった魔法とは

”人を殺す魔法”で

つまり一般攻撃魔法であり

マハトはその速度に驚いていた。

 

デンケンは思い出す。

恐らくこれはフリーレンが

言っていたのと同じ理屈だと。

 

二次試験零落の王墓にて

フリーレンは言った。

 

一般攻撃魔法は長命種にとっては

比較的新しい魔法だから

反射神経で無意識に防御できるほどの

年月は経っていないんだ。

 

どうしてもその対処はたった一瞬。

ほんの誤差のような時間だけれども

思考する分だけ遅れることになると。


そんなフリーレンの考察は正しく

マハトにとって”人を殺す魔法”は

まだ新しい魔法だった。

 

しかしデンケン達人間にとっては

生まれたときから存在する

魔法使いの基礎である。

 

そして何よりも黄金郷に

閉じ込められていた

マハトは知らない。

 

人類による半世紀にも及ぶ

”人を殺す魔法”の探究を。

 

防御魔法と対を成すように

改良に改良を重ねた激動の時代を。

 

攻撃を躱しきれず

顔に傷を受けながらマハトは

これは最早別物であると理解する。

 

そしてデンケンがこの魔法を

一般攻撃魔法と呼んだ事で

自分の相手は人類の魔法の歴史

そのものであることを。

 

決着を付けようと告げる

デンケンに同意したマハトは

持っていた剣を槍へと変えると

笑みを浮かべて告げる。

 

私は貴方の師であり倒すべき敵。

こんなに楽しいのは本当に久々だと。

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

前回に続きフリーレンと

ソリテールの戦いになりますが

やっぱりソリテールは強いなと。

 

魔法防御の強さは圧倒的で

フリーレンも認める程ですしね。

 

それでいて攻撃が弱いわけもなく

冷静に戦況を語るならば

ちょっとフリーレンが不利かなと。

 

ただでもフリーレンが

負けるとは思えないので

ソリテールを倒すことが

出来るかどうかは別としても

これからが本番でしょうね。

 

一方のデンケンについてですが

思いのほか健闘しているっぽい?

 

実力的に劣っているのは

間違いないですが

それを加味しても

大したものだと思います。

 

マハトも嬉しそうに

戦いに応じているようですし

デンケンの言うように

そろそろ決着が付くのかも。

 

正直勝ち目があるかないかは

なんとも言えないところですが

だからこそ結果が

どうなるのか楽しみです。

 

感想はこれくらいでまずは

連載100回&アニメ化決定

おめでとうございます!

 

いずれ近いうちに

アニメ化されるとは思ってましたが

100回という記念すべき回で

発表されるとは流石だなと。

 

まだキャストなどは

明らかになっていないようですが

これについても近いうちに

分かると思いますので

その時が楽しみです。

 

そんな気になる次回ですが

次号は休載で

続きは10/5発売の45号にて

掲載予定とのこと。

 

第99話へ

第101話へ

-葬送のフリーレン, 雑誌掲載最新話
-,

© 2022 オススメ漫画ネタバレ情報局