雑誌掲載最新話 君は008

君は008 最新 第220話 ネタバレ&感想 脳波ジャック!?

2022年9月21日発売の

週刊少年サンデー 2022年

43号に掲載されている

君は008 第220話

ネタバレ&感想になります。

 

第220話 ”考えて”しまう!!

内容ネタバレ

 

アユーシを庇い

地下へ落ちてしまったあやめ。

 

暗闇の中、様々な事を考えながら

地下シェルターを探していた所

亡くなったはずの母親が

目の前に姿を見せる。

 

あやめが戸惑いながらも

こちらへと伸ばされた母の手を

取ろうと近づいた瞬間

コタンが突然警戒の声を上げ!?


コタンの声で我を取り戻した

あやめは間一髪のところで

母の攻撃を防ぐことに成功する。

 

そして同時に目の前の存在が

母でないことに気づき問い質すも

母?はキミにはボクが

お母さんに見えるんだ?と

クスクスと笑っていた。

 

その上で母?は改めて名乗る。

ボクはドグラ・百人長の一人カフカ。

 

そしてこれはボクのドグラパワー

”脳波ジャック”であると。

 

君の心にある特定人物への

強い思いを——ボクが強力な脳波で

直接君の脳に投影しているのさ。

 

つまりこの姿は

君の思い出そのもの・・・!

 

それがこのビジョンが

本物以上に似ている理由だと。

 

あやめは能力の説明を聞き

目の前の敵が嫌な相手だと理解し

斬り伏せようと攻撃を仕掛けるが

カフカの戦闘力は高く

逆に反撃を受けてしまうことに。

 

そればかりか母の姿をした

自分の身体を傷つけることで

あやめに隙を作らせ

さらに追い詰めていた。

 

旧人類にはよく効くんだよねと

攻撃を仕掛けながらカフカは

あやめに語り掛ける。

 

君は脳の最大の弱点を

知ってるかい?

 

実は脳は・・・”考えない”

ということが出来ないのだと。


そう語ったカフカが耳元で

”ライオンを考えないでください”

と呟いた瞬間

あやめの目の前には

唸り声をあげるライオンの姿が!?

 

いきなりライオンに襲いかかられ

劣勢に陥ったあやめに対し

カフカは指を鳴らし告げる。

 

”君の一番大切な人を”

”思い浮かべないでください♡”と。

 

その瞬間あやめの目の前には

エイトの姿をしたカフカがおり

思わず顔を赤くしてしまっていた。

 

カフカはそんな反応を見て

さては恋人だね?と口にするが

あやめは顔を真っ赤にして否定する。

 

それを見たカフカは

片思いでしたか?と笑いながら謝るが

その瞬間あやめの雰囲気は一変し

カフカに対し剣を構えていた。

 

しかしカフカは

余裕の態度を崩すことなく

あやめに語り掛ける。

 

ボクの戦闘力が何故高いか

分かっているのかい?

 

君が攻撃する時に放つ

強い脳波をキャッチして

動きを読むからだよ・・・。

 

怒りや焦りの感情は

脳波の揺らぎを増幅する・・・。

 

つまりメンタルが弱い者に

ボクは倒せない!

 

そう話し襲い掛かるカフカに対し

あやめは「やってみるわ」と

真っ向から迎え撃ち・・・!?

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

分断された先で亡くなったはずの

母が登場したことで

それがドグラの罠であることは

ある程度予想していましたが

脳波ジャックとは厄介な・・・。

 

相手がドグラの幹部であることは

なんとなく予想していたものの

変装のプロとか

そういうものだとばかり。

 

カフカは自身を

失敗作だと言ってましたが

旧人類にとってこれほど

厄介な能力はないですよね・・・。

 

あやめの母の姿で自らを傷つけて

あやめの隙を作る場面がありましたが

あれはかなりキツイと思いますし。

 

それに仕掛けている自身が

何に化けているのか分からないのは

問題なのかもしれませんが

相手の行動が読めるだけでも

十分に厄介だなと。

 

とまあそんな相手に

勝たなきゃいけないわけですが

最後の立ち合いを見る限り

心を無にしているのか

対応できているみたいですね。

 

それが完璧にできるかどうかは

正直何とも言えないところですが

今回の戦いはまさに

メンタルが物を言う戦いでしょうし

どんな戦いになるのか楽しみです。

 

予告にもあやめが

過去と正対するとありましたし

この戦いはあやめにとって

成長のチャンスになるのかも。

 

第219話へ

第221話へ

-雑誌掲載最新話, 君は008
-,

© 2022 オススメ漫画ネタバレ情報局