オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

魔法使いの嫁 最新 25話 ネタバレ&感想 ユールの出来事

      2016/02/05

1月5日発売のコミックガーデン2月号(2016)に連載されている

魔法使いの嫁 25話のネタバレ&感想になります。

 

第25篇 The longest day has an end.

内容ネタバレ

 

いつも通りの日常へと戻ったチセだったが

治療のためにいつの間にか夏から急に冬へと変わったことによる変化を

改めて感じていた。

 

その寒さに思わずくしゃみしていたチセのもとへ

空から二人の片翼の妖精が唄いながら舞い降り

ユールの支度はおわりそう?と声をかけるのだった。

Sponsord Link

いきなり現れた妖精からユールについて聞かれたチセが

ユールという言葉を知らず応えに窮していると

そこにエリアスが姿を見せ代わりにユールの支度はこれからだと応えていた。

 

それを聞いた妖精たちはお寝坊さん、夜はすぐにやってくるよと

楽しそうに唄いチセにヒイラギの枝を渡して空へと羽ばたいていくのだった。

 

エリアスはあの妖精達はユール(冬至の日)にやってくることから

ユールの双子と呼ばれているが本当のところはわからずああしてあちこちを回っている

ことを説明しながらチセと共に家の中へ。

 

そして冬至は一年というサイクルの始まりであり

今日は忙しくなると伝えるエリアスだったが

少し前からルツの姿が見えないことに気づき尋ねると

なにやらチセが危ない時に何もできなかったことから落ち込んでいるらしく・・・。

 

落ち込むルツに対しエリアスは君は僕よりチセのことを分かっているだろうと言った上で

チセは隠すかもしれないがもっと早く僕に教えてくれていいと伝え

自分がなんとかするからと宥めていた。

 

その後、チセはエリアスと一緒に様々な作業をすることになり

その土地ごとの文化ややり方について教わることに。

 

そしてこの国のやり方を習うため出かけることになったチセたちは

魔除けにも使われるヒイラギやキヅタなどを採取しながら

イチイの樹まで辿り着く。

 

イチイは冬至を象徴する樹であると説明しながらエリアスは

枝を切り、その中の一本をチセへと手渡す。

 

それはユールの双子が言っていた黒い女神と冥府の鹿に関わることで

彼らは冬の神であり死に神でもあること、

神はとても恐ろしいものでありサマイン(ハロウィン)の祭りからこちらは

彼らの領分であると。

 

その上でイチイは死者を守る樹であることから

彼らと会ってもきっとチセのことをごまかし守ってくれるからという理由からだった。

 

その後、ヤドリギをいくつか採取したエリアスたちは

必要なものが揃ったのか家へと帰ろうとするが

その時、ルツが何者かの気配に気づく。

 

エリアスもその気配に気づいたのかすぐさまチセを連れ木の陰へと身を隠すと

目を開けないで声も出さないようにと告げる。

 

息を潜めることで何とかやり過ごしたチセはエリアスから

さっきの存在がユールの双子が言っていた古い神であることを聞かされ

長居は無用とすぐさま家へと帰るのだった。

 

家へと帰宅したチセたちはエリアスの指示のもと

採って来たものを扉等へ飾り付けることに。

 

その後、ヤドリギの下ではキスしてもいいという風習があることを聞いたチセは

やりたそうなエリアスとルツに軽い口づけをすると

夕食を取るため家の中へと入るのだった。

 

そんな彼らの様子を屋根の上にいる使い魔らしき鳥が見ていたが

その首には手紙のようなものが・・・。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

ちょっと物騒というか関わり合いになりたくない神さまが

出てきたもののかなりほのぼのした回だったのではないかと。

 

チセとエリアスのちょっとによによしてしまうシーンも

多少ありましたしこういう回は読んでいてすごく楽というか暖かいですね。

 

それにしてもヤドリギについてですが

正直言葉は知っていても見たことが無かったので

ちょっと驚きました。

 

とりあえずぐぐってヤドリギの写真というか画像を見てみたんですが

本当にあんな感じになっているんですね・・・。

 

それにしてもヤドリギの下ではキスをすることが許されるって

一体どこの少女漫画か!って感じでしたが

実際にというかそういう文化もあるようです。

 

なんとも甘々な感じの文化というか風習ですが

チセたちを見てるとなんかめっちゃホワっとしたのであれはあれでアリなんでしょうね。

 

それはそれとして今回おそらくですが初の神様登場でしたが

あのエリアスが嫌がるくらいですからやっぱりとんでもない存在なんでしょうね。

 

今までの最高というか偉かったのはオベロンで妖精王だったと思いますが

これからも神様とか出てくるのか気になるところです。

 

チセはともかくエリアスの存在はなにやら禁忌っぽい気がするので

そういった格が上の連中に何かされそうな気がしますし心配です・・・。

 

次回の展開についてですがやっぱりあの屋根にいる使い魔が持っている

手紙に関しての話になるのかなと。

 

その後にアリスが描かれていましたのでおそらく彼女が書いた手紙なんでしょうけど

気になるのはその内容ですよね。

 

最近起こったことなどの近況報告ならばともかく

アリスの師匠であるレンフレッドがチセを学校に通わせたいみたいなので

それ関連の話なのかもしれないなと。

 

私としてはチセが学校に通うことになって新たな友達というか

キャラが登場することを期待したいところですが

その前に体をなんとか治せないものかと思ってしまいます。

 

少し前にボロボロになってしまったチセを見ましたが

ああいうのはちょっと見ていて好ましくないですしね。

 

まあ、どちらにしても新章というか新たな展開を見せることになるのは

間違いないと思いますのでその辺りかなり楽しみです!

 

第24話へ

第26話へ

 - 雑誌掲載最新話, 魔法使いの嫁 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。