オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

アルスラーン戦記 最新 37話 ネタバレ&感想 ペシャワール入城

      2016/08/09

7月9日発売の別冊少年マガジン 8月号に連載されている

アルスラーン戦記 37話のネタバレ&感想になります。

 

第37章 砂岩の城

内容ネタバレ

 

ナルサスらと合流したダリューンたちはペシャワールへと向かうものの

城へ向かうための橋はそれを危惧した敵によってすでに落とされていた。

 

そうしたことからどうしたものかと悩んでいるとそこに

アルスラーンたちが姿を現しようやく合流することが叶い喜ぶ一行。

 

初めてアルスラーンに会ったアルフリードはアンドラゴラスの子だからと

勝手な想像をしていたが本人は正反対ともいえる風貌と性格だったことから

逆に恐縮し、それを見たナルサス達は温かく見守るのだった。

 

そしてお互いに自己紹介を終えた一行はこれからどうすべきか色々話し合い

結果下流に向かい流れが緩やかな浅瀬を渡ることを決め向かうことになるが

アルスラーンはここを抜ければペシャワール城ということで

久しく会っていなかったアズライールとスルーシは元気だろうかと思いを馳せていた。

Sponsord Link

そして下流へと向かいアルフリートが浅瀬を見つけ渡ろうとするが

その時、ザンデ率いる追手が姿を現していた。

 

ダリューンたちはすぐさま臨戦態勢を整え、戦いが始まるが

まだ共に戦うことになって日が浅いアルフリードはあっさりと彼らと馴染んでしまい

アルスラーンやファランギースが称賛するが彼女とイマイチ反りが合わないエラムは

それが面白くないようで歯ぎしりしていた。

 

そうして戦いが激しくなる中部隊を率いているザンデが姿を現し

またしてもダリューンと相対することになるが

向かって来るダリューンを相手に何故かザンデは一合も打ち合わず

逃げるようにその場から離れようとしていた。

 

その事に憤りを見せるダリューンだったが垣間見たザンデの顔に笑みが浮かんでいるのに気づき

これが自身をアルスラーンから引き離す罠だと言う事に気づき

すぐさま戻ろうと馬首を返すがその時アルスラーンに敵の攻撃が迫っていた。

 

しかしその攻撃は突如姿を現したアズライールによって防がれ

それに気づいたアルスラーンはすぐさまキシュワードが援軍を連れてきてくれると

声を出していた。

 

それにより敵兵はダリューンだけでなくキシュワードもかと動揺し

反対に仲間達の士気が上がった瞬間

援軍を率いたキシュワードが姿を現していた。

 

キシュワードが現れたことで戦意喪失してしまった敵兵が次々と

この場から逃げ出そうとするが

キシュワードの突撃(ヤシャスィーン)の声と共に瞬く間に蹴散らされ

ザンデもまた捨て台詞を残し撤退するのだった。

 

敵兵を蹴散らしたキシュワードはすぐさまアルスラーンのもとへ出向き

膝をついてその無事を喜び、アルスラーンもまたその手をとり

本当によく来てくれたと礼を述べるのだった。

 

そうしてペシャワール城へと入ったアルスラーンに対し

城内の兵たちは歓声を挙げその身の無事を喜んでいると

そこへペシャワール守護の任についていたバフマンが姿を現し

膝をついてその無事を喜ぶが何故か態度が少しおかしく・・・。

 

そしてキシュワードがアルスラーンたちを部屋に案内しようとしていた頃

自室に戻ったバフマンは何も知らずにいられたらと一人頭を抱えるのだった・・・。

 

その頃、アルスラーン一行がペシャワール城へ逃げ込むのを阻止できなかった

ザンデがヒルメスに膝をついて謝罪していた。

 

ヒルメスは謝ることは無いとしてザンデの失態を赦し

馬で辺りを見回りながらナルサスにしてやられてばかりだと忌々しく思いつつも

ペシャワール城についてなにか思うところがあるようで・・・。

 

そしてペシャワール城内では着替えたアルフリードがその姿を見てもらいたいと

ナルサスの部屋へと向かいそこに居たエラムと一瞬触発の状況にある中

当の本人は浴場で嫌な予感がすると見事その危機を回避していたのだった。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

ようやくペシャワールに到着してこれで一安心と言ったところですが

なにやらバフマンの様子が少しおかしいみたいですね。

 

少し前からちょっと不審な感じがしていましたが

アルスラーンを前にしてもおかしいままだったので

彼の懸念していることはアルスラーンと深く関わることのようです。

 

ヴァフリーズから教えられたことが原因のようですが

そうまで頭を悩ます問題とは一体何なのか気になるところですね。

 

それはそれとして相変わらずというかエラムとアルフリードの兼合いは

これからも続くことになりそうですね。

 

読者としてはああいう感じのじゃれ合いは見ていて楽しいんですが

その渦中にいるナルサスにとっては他人事じゃないんでしょうね(苦笑)

 

なんにしてもこれでようやくヒルメスやルシタニア軍にも

ある程度対抗できそうですのでこれからが本番といえるのではないかなと。

 

まあ、どちらにしてもこれから先全てが上手くいくとは思えませんし

色々厄介な事態が頻発することになるでしょうけど

ようやくこれから国を取り戻す戦いが始まるのでかなり楽しみですね!

 

第36話へ

第38話へ

 - アルスラーン戦記, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link