たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。

オススメ漫画ネタバレ情報局

雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 最新 608話 ネタバレ&感想 李牧の答え

2019年7月25日発売の週刊ヤングジャンプ 2019年34号に連載されている

キングダム 608話のネタバレ&感想になります。

 

第608話 中央軍の勝ち目

内容ネタバレ

 

王翦からの驚愕の提案に

趙国の将・兵士たちは困惑する中

李牧は告げる。

 

私はあなたのことをそこまで詳しくしらないが

あなたは国を亡ぼすことは出来ても

国を生み出すことは出来ない人間であり

この場にいる誰よりも愚かな人間であると。


痛烈な言葉で返した李牧に王翦は

あえて報われぬ道を選ぶかと告げるも

李牧は報われぬとかそういう話ではないと語る。

 

私の双肩には趙国の命運がのしかかっており

だから”どんな苦境でも”全てをかけて戦う

”大義”なのだと。

 

その上で趙国を亡ぼすことは私が決してさせないと告げる李牧に

王翦は必ず後悔するぞと告げ

配下の者たちに号令をかけるのだった。

 

その号令を切っ掛けにして動き出した両軍。

王翦は程なく右翼が抜けてくるとしてお前に勝ち目はないと考え

李牧は秦右翼を頼みとしても無駄であり

あなたに勝ち目はないと考えていた。

 

一方、その頃秦右翼の戦場では激しい戦いが繰り広げられていたが

信は昨日の趙峩龍との一戦が重かったのか

いつものように力を発揮できずにいた。

 

そして飛信隊もまた”十槍”を相手にしていたが

その技量の高さに圧倒され劣勢にあった。

 

しかしそんな中、光っていたのは

弓矢兄弟の兄、仁による援護だった。

 

流石の仁も連日撃ち続けていたせいか

精度が下がっていたものの

それでも懸命に矢を放つことで前線に貢献していた。

 

そうした中、そんな兄の苦境に弟の淡も矢を放つが

その矢は敵に当たることなく・・・。

 

何故自分の矢は当たらないのかと涙を流す淡に

仁はムリに撃たなくていいと告げると共に

ある約束を持ち掛ける。

 

それは兄ちゃんが撃てなくなったら

その時は代わりにお前が撃てという約束であり

この戦争には俺達兄弟の力が必要なんだと語る仁の言葉に

淡は涙を流しながら分かったと応えるのだった。

 

飛信隊が”十槍”を相手に奮闘している中

王賁はついに尭雲のもとへと辿り着く。

 

尭雲もまた彼の者が来るのがわかっていたらしく

お互い一歩も退くことなく相対するのだった。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

まあ、王翦の提案を李牧が断るのは分かっていましたが

思いのほか辛辣でしたね。

 

王翦も断られるのはある程度予想してたでしょうけど

もしそれが先々のことを考えた結果の提案だとしたら

正直その智謀は計り知れないところです。

 

この間の記事にコメントを残してくれた方が

「後に趙王に疑われて失脚に追い込まれるための布石」とありましたが

もしそうならこれ以上ないくらいに有効な策でしょうね・・・。

趙王なかなかに頭弱そうでしたし(笑)

 

ともあれ決裂するのは既定事項ですので

これからが本番といった形ですが

どちらの将も鍵は信達の戦場だと考えているみたいですね。

 

当然ながらどちらも自分たちの勝ちを疑っていないようですが

ん~正直今の状況は予想通りなのかそうじゃないのか悩むところ。

 

とりあえず現時点において信が不調であることもそうですが

尭雲が馬南慈の考えを無視して退かなかったことで

両総大将の予測はハズレているというか

想定外の事態になっているのではないかと。

 

とりあえず王賁が復活していることも

いい意味で予想外な点ではありますので

彼の奮闘次第ということになるかも。

 

今回のラストには尭雲の前に姿を見せていましたので

次回は二人の一騎討ちが見られそうです。

 

正直どちらも万全とはいえない状況ではありますが

初戦は尭雲の勝ちだったのでその雪辱という意味もあって

王賁には頑張ってほしいものです。

 

信に関しては前日の趙峩龍との戦いが後を引いてるみたいですが

最終決戦日にそれじゃちょっと・・・という感じですし

なんとかして復調してほしいところですね。

 

第607話へ

第609話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

Copyright© オススメ漫画ネタバレ情報局 , 2019 All Rights Reserved.