たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。

オススメ漫画ネタバレ情報局

雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 最新 617話 ネタバレ&感想 金毛の逆襲

投稿日:

2019年10月10日発売の週刊ヤングジャンプ 2019年45号に連載されている

キングダム 617話のネタバレ&感想になります。

 

第617話 飛信隊の止め方

内容ネタバレ

 

蒙恬が馬南慈の右目を奪い

そして反撃を躱したのを目の当たりにした

敵味方どちらも驚愕の表情を浮かべていた。

 

それを好機として蒙恬は王翦の近衛兵に

馬南慈に止めを刺し軍を弱体化させるようにと指示し

他は傅抵隊を抑えつつ命を捨ててでも

王翦を逃がすようにと檄を飛ばすのだった。


一方、王翦を討ち取る策を授けた李牧だが

未だ王翦を討ち取れていない事に焦れ始めていた。

 

それは王翦が攻められているのと同様に

李牧本陣もまた危機が迫っており

余裕がなくなっていたからであった。

 

李牧の首を討たんとする糸凌の前に立ちふさがった共伯だが

糸凌の武は彼の予想を遥かに上回っていたらしく

何合か打ち合えたもののその命を落とすことに。

 

共伯の死に急ぎ左から雷伯を呼び寄せようとする動きが出る中

カイネは李牧を守るため刺し違えても

糸凌を止めることを決意し動き出す。

 

一方、左の飛信隊の相手を任された金毛だが

飛信隊の軍師である河了貂によって

ことごとく対応されてしまい押されつつあった。

 

金毛はこの状況において歯噛みしつつも

飛信隊の性質について考えた結果

現場に軍師である河了貂がいるからであることに気づく。

 

そして自ら部隊を率いて動くことを決意し

反対する部下達に今更だが飛信隊の”止め方”が

分かったと語るのだった。

 

飛信隊の弓兵の中核をなす仁は

既に手が骨が見えるほどボロボロになりつつも

矢を放ち続けていた。

 

弟の淡もなんとかそんな兄を休ませようとするものの

未だに淡は馬は射れても人は射れないようで

代わりを務めることができずにいた。

 

そんな二人だがふと敵の小隊が

こちらの隊を上手くすり抜けていくのを目撃し・・・。

 

飛信隊全ての動きを把握し対応していた貂だが

突然姿を見せた金毛率いる部隊に襲撃されてしまうことに。

 

他の兵たちはなんとか貂を逃がすために盾となるが

主である慶舎と岳嬰を殺した飛信隊の軍師を前に

そんなことを許すはずもなく

貂は敵兵によって矢を受けてしまうことに。

 

肩を貫いた矢によって落馬してしまった貂。

金毛はさらに矢を射かけさらに止めとばかりに

槍を持った兵が傷つき動けない貂に襲い掛かり・・・!?

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

王翦のほうは未だ窮地にはあるものの

なんとかなりそうな感じですが

飛信隊がヤバい感じですね。

 

まあ、冷静にこれまでの飛信隊の活躍を見れば

軍師である貂を狙うのは当然ですし

そこが飛信隊の要なのも間違いないかと。

 

前にも貂は敵に捕らえられたこともありますし

その身辺にはかなり気を付けていたんでしょうけど

ここまでの戦いとなると流石に守り切れないようです。

 

もちろん貂がこのままやられるとは思えませんので

誰かしら助けに入ることになるんでしょうけどね。

 

それにしても軍師が狙われるのは戦場において当然なんですが

やっぱり現場に出てきているのが問題なんですかね?

 

現場にいるということはすぐに対応できるメリットもありますが

デメリットとして狙われる可能性も高いわけですし

難しいところです。

 

蒙恬のように自ら戦えるだけの武力を持ち

さらに知略も兼ね備えるのがだとは思いますが

そんな人物はなかなかいないですしね。

 

ともあれ貂が絶体絶命の窮地にあるのは間違いないので

恐らく大丈夫だとは思いますが

誰が助けに入るのか楽しみです。

 

信は最前線にいる以上無理でしょうし

やっぱり敵小隊の動きに気づいた弓矢兄弟に期待ですかね。

 

第616話へ

第618話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

Copyright© オススメ漫画ネタバレ情報局 , 2019 All Rights Reserved.