雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 最新 655話 ネタバレ&感想 呉鳳明の新戦術

2020年10月1日発売の週刊ヤングジャンプ 2020年44号に掲載されている

キングダム 655話のネタバレ&感想になります。

 

第655話 新たな戦術

内容ネタバレ

 

魏軍左翼の将・馬介を玄右が討ち取り

玄右軍は馬介軍を的に攻撃を仕掛ける。

 

魏軍は左から崩れ出したため

中央の荀詠軍が左に力を割かざるを得ず

魏軍全体の構成は弱まっていた。

 

こうした膠着を崩すのが

最右翼の狂戦士・乱美迫だが

相対する千斗雲は強く

録鳴未と同時に仕掛けても仕留めきれず・・・。


魏軍本陣にも乱美迫が動けないとの報告が届き

大将である呉鳳明は戦場をじっと見つめ

考えを巡らせていた。

 

一方秦軍の進撃だが

蒙武軍は満羽軍の精鋭を抜けず

騰軍もまた項翼軍によって阻まれ膠着状態に。

 

秦軍本陣でも秦・魏両軍ともに

膠着してしまったことに

動揺を隠し切れずにいた。

 

軍師である蒙毅は挟撃自体は悪くない、

むしろ良作だと判断しつつも

ただの挟撃ではあの什虎軍には通用せず

まだ何か足りないと必死に考えを巡らせていた。

 

そんな蒙毅が何かに気づいたその時

魏軍本陣の呉鳳明は戦術を変えると言い出し

乱美迫とそれと一緒に戦っている録鳴未に

伝令を送れと指示。

 

魏軍からの伝令に訝しんでいた録鳴未だが

間違いなく呉鳳明からの伝令であると確認をとり

すぐさま動き出す。

 

その内容とは乱美迫の大隊をそこから動かす必要があり

そのために録鳴未軍にはつぶれ役となって

その強敵をそこに足止めしてもらいたいというものだった。

 

秦軍本陣もその動きに気づき

魏軍の右端か楚軍の本陣を

目指すのではないかと考えるも

乱美迫はそのどちらでもなく

項翼軍と相対する騰軍へと向かう。

 

騰は現れた乱美迫を見て

呉鳳明の狙いに気づいたらしく

項翼との戦いを止め動き出す。

 

蒙毅もまた呉鳳明が狙いがこの挟撃の中で

”助攻”と”主攻”を作るつもりなのだと気づく中

乱美迫軍は半分をここに残し

蒙武軍の元へ向かうのだった。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

呉鳳明が新たな戦術を指示したことで

状況が動き出しそうな感じですが

什虎軍の強さは異常と言って良いレベルですね・・・。

 

前回のラストで玄右が馬介を

あっさり討ち取ったのもそうですが

単純に軍として強い。

 

戦術に関しては寿胡王が

まだ本気になっていないことから

何とも言えませんが

あの精鋭兵はやばいですね・・・。

 

あれが隊長クラスなのか

ただ単に兵の一人なのかはわかりませんが

あの蒙武の一撃を防ぐくらいですから

その強さというか異常さが際立ちます。

 

その上それを率いる将達も怪物揃いで

千斗雲が乱美迫と録鳴未を相手に

一歩も退かないどころか

まだまだ余裕を見せているとか

そりゃ今まで誰も落とせなかったはずだなと。

 

今はまだ満羽と寿胡王の実力は

明かされていませんが

あの二人が下につく満羽が弱いわけがない。

 

そして寿胡王もそんな彼らに指示するわけですから

少なくとも蒙毅なんかじゃ

太刀打ちできないでしょうね・・・。

 

なんにしてもこの戦いは

かなり長引きそうな感じですので

まだ序盤と言っていいかと。

 

おそらく寿胡王が各将に指示を出し始めてからが

この戦いの本番だと思いますので

その時が楽しみです。

 

おそらく鍵を握るのは呉鳳明になるかと思いますが

私的には録鳴未には可哀そうですが

彼と乱美迫の兼ね合いも

どこかで見られたらいいなと(笑)

 

第654話へ

第656話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

© 2020 オススメ漫画ネタバレ情報局