雑誌掲載最新話 君は008

君は008 最新 第198話 ネタバレ&感想 元メンバーとの再会

2022年4月6日発売の

週刊少年サンデー 2022年19号に

掲載されている

君は008 第198話

ネタバレ&感想になります。

 

第198話 もう一つの久しぶり

内容ネタバレ

 

ドグラの前線基地である

飛行船の潜入に成功した

デルタ3とアルファ3。

 

すでに艦内には警報が鳴り

潜入者達を見つけ出そうと

構成員らが走り回っていた。

 

元ドグラであるルルスが

懐かしさからうっかり変装し忘れて

見つかるというヘマをやらかす中

アララギから指令が下る。

 

この作戦の目的はあくまで

ドローンコントロール用

通信機の破壊であり

極力直接戦闘は避ける事。

 

コントロール通信機の

場所を特定するため

艦内にあるデータケーブルから

ハッキングを仕掛けよとの事だった。


予期せぬ形でアルファ3が

敵の眼を引き付けている間

見つからないように

エイト達はデータケーブル探索へ。

 

ラッキースケベを発動させたエイトが

あやめに昏倒させられる場面もあったが

無事データケーブルを発見し

システムにアクセスすることに成功する。

 

通信システムの場所を解析するまで

待機を言い渡されたエイト達は

アララギから警告を受けることに。

 

船の指揮を執っている男は

ドグラ・クワドロの一人

”アンガスト”の可能性が高いが

もし奴と遭遇しても

決して交戦してはならない。

 

その理由は諸君らに無駄死にを

させたくないからだと。

 

あやめの話ではアララギは昔

アンガストと対戦した事があるらしく

エイトはその時の勝敗を尋ねるが

返ってきたのはアララギが

しっぽをまいて逃げたという

衝撃的な言葉だった。

 

その通信はアルファ3の面々も

聞いていたらしく

アララギを尊敬するひまりは

自分の限界を素直に認めるのは

大切な資質だと笑いながら

構成員達と相対していた。

 

そんな尊敬する相手から

直接戦闘はやめろと言われたものの

ひまりは臨機応変もまた

一番になる人の資質だと言い

大河もまたそんなひまりを内心

流石だと称賛していた。


そうした中、アルファ3の前に

元メンバーだったアスヤが

姿を見せ告げる。

 

全員知り合いってのがなんだけど

ここで死んでもらうねと。

 

久しぶりの再会に言葉を交わしながら

ひまりはメンバーに対し

すぐさまハンドサインを送る。

 

”スリヌケル”

”各自身を隠せ”と。

 

そしてひまりがアスヤに向かい

攻撃を仕掛けた瞬間

大河とルルスも指示通り

その場から離脱しようと

動き出していた。

 

しかしそんな動きを読んでいた

アスヤはすりぬけようとした

ひまりを昏倒させつつ

彼女の行動を称賛する。

 

全ての状況を鑑みて

最悪自分一人の犠牲で

他の二人を逃がせる手を打つとは

本当にリーダー向きな人だと。

 

そんなひまりの行動を読んでいた

アスヤだがいつの間にか

彼女の傍らにいた

大河の姿に気づき驚愕していた。

 

お前が何故まだここにいる?と

問いかけるが大河は

何も答えることなく

アスヤの顔を殴り飛ばす。

 

不意を突かれたとはいえ

全く行動が読めなかったことに

警戒を強めるアスヤに対し

大河は大声で叫ぶ。

 

オレは貴様を

ずっと親友だと思っていた!と。

 

入学式の日、オレに初めて

話しかけてくれたのは貴様で

それ以来ずっと強い絆を感じていた。

 

たとえ貴様がドグラ・マグラ

である事を隠して

中野に潜入していたのだとしても

その心の中でオレ達アルファ3の

友情は深まっていたはずだと。

 

そして心の内をぶちまけた大河は

怒りのままに刀を抜き告げる。

 

歯ぁ食いしばれ名乗らん!!

今から友情を思い知らせてやる!と。

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

前回予告にあったように

大河めっちゃキレてましたね。

 

まあ、彼は言葉には出さないものの

結構アツイものを持っているのは

これまでで分かっていましたが

ようやく口にだしたなと。

 

それだけアスヤの所業に

激昂しているんだとは思いますが

本気の大河はこれまで

なんだかんだで見た事ないので

どこまでやれるのか楽しみですね。

 

現代?における忍者が

一体どれ程のものなのか

その一端が明らかになるかも。

 

それはそれとしてアララギの口から

アンガストとの戦いが語られましたが

まさかアララギが戦いもせず

逃げ出していたとは・・・。

 

まあ、今よりもかなり昔で

まだ若い頃の話のようですが

その当時は戦いにならない程に

実力に開きがあったんでしょうね。

 

ただあくまでも昔のことで

今のアララギだとどうなのかは

語られていないので

その辺りはなんとも言えないところ。

 

アンガストと同格である

シックボーイとアイスマンが

結構良い勝負していたので

一方的な戦いにはならないような

気はしますが・・・。

 

ともあれ次号は

大河とアスヤのバトルが

メインになりそうですね。

 

アスヤが強いのは理解してますが

大河の本気も未知数ですし

一体どれ程のものなのか

どんな戦いを魅せてくれるのか

続きが楽しみです。

 

第197話へ

第199話へ

-雑誌掲載最新話, 君は008
-,

© 2022 オススメ漫画ネタバレ情報局