たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。

オススメ漫画ネタバレ情報局

雑誌掲載最新話 3月のライオン

3月のライオン最新 127話 ネタバレ&感想 恋心と神様の悪戯 12巻続き

投稿日:

9月23日発売のヤングアニマル 19号に連載されている

3月のライオン 127話のネタバレ&感想になります。

 
第127話 ヤングアニマル 19号掲載(2016)

内容ネタバレ

 
夜7時を回った頃、雑誌を読みながらリラックスしていた林田は

外から聞こえたドンっという花火の音を聞き

以前とっさにあかりを助けた時のことを思い出していた。

 
その時の感触のあまりの生っぽさに頭が真っ白になり

自分でもこれ完全にアカンやつだと

花火とか一緒に見たいと思ってしまう自分が相当にヤバイ状態だと気付いてしまっていた。

 
最初に会った時からずっと気になっていたがそういうのが学生の頃から苦手で

どうしていいかわからずはしゃいでふざけてごまかしたりしていたが

あの時一瞬でそんな場合じゃないと言う事に気づいた。

スポンサーリンク

胃痛持ちの同じ歳の棋士はずっと自分のヒーローで

彼が勝てば自分も喜び負ければ一緒になって気持ちを切り替える言葉を探し

そして歳が同じと言う事だけで自分と重ね親近感を覚えたりしていた。

 
そんな島田にも早くいいヨメさん見つからないかなと思っていたものの

何でここで登場してくるのかと。

 
あかりに会ったのは初めてだったらしいがあんな優しいカオした島田八段は

初めてであり、自分があかりでもあっちを選ぶねと

色々自分より勝っている部分を挙げてしまい、そんな自分の言葉で瀕死になってしまっていた。

 
それでも確かに言えることは何もしなかったらいつかは誰かにとられるって事、

それを改めて理解し悔しがりながら銀座の店っていくらかかるのかと考えていた。

 
そして勢いのままに店の前へとやって来た林田だったが

ここが銀座と言う事で油断できないと中に入るのを躊躇してしまっていた。

 
そんな自分に入らないんですかといつのまにか隣にいて声をかけてきた島田から

ここってこの間の彼女がいる店ですよね?会いに来たんですかと聞かれるが

林田はどうしてこういう時、隣に大駒が置かれちゃうのかと呆気にとられながら思っていた。

 
そして島田からじゃ、入りますかと言われ共に中へと入る林田は

この状況に神様は絶対面白がっていると思いつつも

この人だけがひとりでこのドアを開けて自分の知らない物語が始まってしまうより

ずっとずっとよかったと思うのだった。

 
当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 
今回は林田先生の視点から描かれた回でしたが

なんていうかこういう回はいいなと改めて思う回でしたね。

 
零たちの青春っぽい甘酸っぱい恋愛ではなく

大人なんだけどちょっと子供っぽい表現するのが難しい恋愛って

なかなかに共感するものがあります。

 
まあ、それは私自身もいい大人だからなのかもしれませんが

私的には零の恋愛よりもこっちのほうが身近に感じられますね。

 
それにしても流れ的に思わぬ相手が現れなければ

林田先生か島田さんのどちらかで決定かなと思いますが

ぶっちゃけどっちでもあかりさんは幸せになれそうな気がしますね。

 
以前このブログに感想を送ってくれた方も

林田先生か島田さんのどちらかの名前を挙げていましたし

今のところ一番可能性が高い二人だと思います。

 
そんな二人のうちどちらがいいかという議論も行われているわけですが

これは正直かなり難しい・・・。

 
実際問題として林田先生が言っていたように客観的に見て

島田さんがほとんどの面で上回っているのも事実ですが

棋士には棋士なりの苦労があるのも間違いないですし

もちろん教師にも教師なりの苦労があるわけですしね。

 
おそらくですが島田さんもまた林田先生に対して

思うところがあるのも間違いないかと、隣の芝生は青いってやつですかね。

 
そんな二人のうちどちらがあかりさんの相手に相応しいのかと言われれば

正直どちらでもいいとしか言いようがないんですが

それでもあえて選ぶとしたら林田先生かなと。

 
島田さんでももちろん文句はないんですが

以前のタイトル戦の時の様子を見るに今のあかりさんの家庭環境的には

ちょっと厳しいものがあるのではないかと。

 
言葉にすると支えてあげなきゃいけないのが島田さんで

支えてくれるのが林田先生という感じでしょうか。

 
もちろんそういう一年でもあるかないかという大イベントの時だけで

島田さんも基本的には支えてくれるとは思いますが

そのへんはなんとなくとしか言いようがないです。

 
こんな事を書いてしまって色々賛否両論あるとは思いますが

あくまで現時点で私がそう思っているだけですのであしからず。

 
そのうち島田さんメインの回を迎えた時には

また違う答えになるかもしれませんしね(笑)

 
第126話へ

第128話へ

-雑誌掲載最新話, 3月のライオン
-,

Copyright© オススメ漫画ネタバレ情報局 , 2019 All Rights Reserved.