オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

キングダム 最新 488話 ネタバレ&感想 政の答え

      2016/09/15

9月8日発売の週刊ヤングジャンプ 41号に連載されている

キングダム 488話のネタバレ&感想になります。

 

第488話 秦王の絵図

内容ネタバレ

 

答えはあるという政に対し王建は面白いと評した上で

その答えを今ここで話すようにと告げる。

 

政は一呼吸置いた後、自らの考えを語り始める。

国とは人の根付く大地でありそれを奪われた人間に残るのは

耐えがたい”屈辱感””喪失感””恐怖心”であると。

 

中華統一の時滅ぼす側の王として

旧六国の民からそれらを取り除く責任があるのは重々承知しており

取り除くためにはこれが”征服戦争ではなかった”ことを理解してもらう必要があると語る。

 

それを聞いた王建は六国制覇は征服戦争そのものではないかと反論するが

政は”新国建国の戦争”であると告げるのだった。

Sponsord Link

さらに政は征服とは支配だが六国を滅ぼしその全てを西端の秦が支配出来るとも思えず

それを試みれば再び中華は混沌の世になるだろうと語る。

 

そして秦が征服者の体を取れば中華統一は必ず失敗すると断言した上で

秦人は支配者となってはならぬのだと語るが

王建は支配なくして中華七国を一国などできるわけがないとして空論であると反論。

 

それを受けて政は王建が語ったことにその通りだと肯定した上で

全中華の民を一手に実効支配するのは絶対”人”であってはならないと断言し

それは”法”であると語る。

 

”法”に最大限の力を持たせ”法”に民を治めさせ

”法”の下には元斉人も秦人も関係なく皆等しく平等だと語った上で

王建に中華統一の後に出現する超大国は

五百年の騒乱の末に”平和”と”平等”を手にする”法治国家”であると告げるのだった。

 

それを聞いた王建は政の答えに感慨深いものがあったらしく

天を仰ぎ笑みを浮かべながらそんな道があったかと呟くと

どうやらはるばる西の端まで足を運んだ甲斐はあったようだなと告げる。

 

そして次はそちらが答える番だとして何の為に咸陽まで来たのか聞かれた王建は

口約束でしかないが斉秦同盟のようなものだと語る。

 

政は秦にとっては秦が魏・趙・韓と戦う際三国に味方しないということで

これ以上ない利があるが斉国にあるとは思えずその旨を問いかけるが

王建から返ってきた答えは斉に攻めてきた際秦王の目の色が今と変わって汚く濁っていたなら

斉も死力を尽くして国を守るとすると言う思いもしない言葉だった。

 

それは斉を攻めた際に今と同じ目の色をしていたならば降伏すると言っているのに等しく

その言葉の真意に気づいた政と昌文君が困惑する中

王建は五十年ほど前合従軍によって二城のみとなったその時に生まれそこから多くを見ながら

ここに至ったのだと語り始める。

 

そしてこの中華はうんざりするほど血を流してきたが

そこからの出口が見つからぬままこれからもずっと血を流すだろうと思っていたが

ひょっとしたら出口の光を見つけたのかもしれないと語り

政にそなたにならこの全中華の舵取りを任せてもいいぞと告げる。

 

王建の目を見てその言葉が本心であることを確信した政は

言葉を発することなく行動をもって王建に礼を示すのだった。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

なんていうか言葉もないと言う感じの

政の答えでしたが王建もその答えに満足したみたいですね。

 

あくまで口約束ではあるものの大王同士の約束ですし

王の交代がないなら履行されることになるかと。

 

それにしても政の答えもそうですが

なにより王建がそれを納得し認めたのが何より大きい気がしますね。

 

政もなんだかんだ言ってまだまだ若造なのは確かですので

自分の出した答えが正しいと信じているにしても

それを大国の王に認めてもらえるのはやっぱりうれしいのではないかと。

 

とりあえずこの最大の結果を持ってこの大王会談は終了となるかと思いますが

予告で大王会談の着地点はとありましたので

もうちょっとこの会談が続くことになりそうですね。

 

大王二人にとっては何よりも成果があった会談ですが

ここまで来た以上なんらかの利益を国に持って帰らなきゃいけないと思いますし

話しの中であった斉秦同盟でも締結するのかも。

 

第487話へ

第489話へ

 - キングダム, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。