オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

東京喰種トーキョーグール:re 最新 120話 ネタバレ&感想 恨みの行方

      2017/04/20

2017年4月13日発売の週刊ヤングジャンプ 20号に連載されている

東京喰種トーキョーグール:re 120話のネタバレ&感想になります。

 

第120話 う・つ・わ

内容ネタバレ

 

トーカの後を歩きながらアキラは

足に力が入らないことに別の身体みたいだと思いながら

トーカの後姿を見ていた。

 

途中立ち止まったトーカから改めて父を殺めたのは自分だと明かされ

素直に恨むことが出来そうだと告げ睨みつけるが

トーカはなら良かったと何を考えているのかわからない様子でまた歩き出し

辿り着いたのは小さな公園だった。

Sponsord Link

公園で遊ぶ子供たちはアオギリの樹に身を寄せていた喰種の一部だったらしく

家族を失い一人で生きていた子供でアオギリが島で負けて

その場所も無くなったのだと聞かされることに。

 

そこへもう一人の当事者であるヒナミがやってきて

子供たちと遊ぶ様子を見ながらトーカは

ヒナミがアキラの父親が最後に追っていた喰種で

ヒナミもあの子たちと変わりない親を失った子だと語る。

 

それを聞かされたアキラは素直に私の父が奪ったと言えばいいとして

こんなものを見せて同情でも求めるのかと告げ

私は私のした行いを間違いと思ったことはなく父も誇りに思っていると

叫ぶように口にするがトーカから返ってきたのは

同情なんて求めてない、私はあなたに同情してるという言葉だった。

 

トーカから過去にとらわれて今を生きれないのはつらいことで

もし父親が喰種を追っていなかったらと考えたことはないかと言われた

アキラはこちらへ笑顔を向ける父親のことを思い出し

きくな・・・と怒りの表情を浮かべ睨みつけていた。

 

そんなアキラに対しトーカは自分の父親は自分達の前では優しかったが

知らないところでたくさん人を捜査官を手にかけ

それは食べるためではなく母の復讐の為だったと語る。

 

そんな父親に対しトーカは本当に馬鹿だと思ったと語り

同時にそんな父の心を救えなかった自分達を無力に思うのだと。

 

その上で自分は父親の行為を誇りになんて思わず

自分の親でも間違っていたら否定し

それは一緒にいたかったからだと口元に笑みを浮かべていた。

 

そんな彼女に思うところがあったのか何も答えずにいたところ

トーカに手を取られ公園で遊んでいた子供たちのもとへ足を運ぶことになるが

向かう途中、トーカからヒナミは見てきた限り

あなたの父親を恨んだことなんかなかったと聞かされ・・・。

 

子供たちに抱き付かれたトーカは

皆にアキラにも抱き付いてあげて欲しいとお願いし

アキラも困惑しながらも子供たちからの視線に耐え切れず

抱き付かれることに。

 

そんな様子を笑ってみていたヒナミは

トーカから顎で指示され子供たちと同じように近づくが

アキラはビクっとした様子を見せ目をそらしていた。

 

ヒナミがそんなアキラに対し近づきながら

手を広げ笑みを見せ困惑するアキラだったが次の瞬間

トーカが自身の背を押したことでつんのめる様に

ヒナミの手の中に抱かれていた。

 

お互いなにも言わずトクントクンと鳴る心臓の音を聞く内に

アキラは目の前の少女の体温を感じながら

涙を流していた。

 

誰を憎めばよかったんだろう、誰を憎めばいいんだろうと

アキラのすすり泣く声だけが公園に響いていた。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

なんていったらいいか正直よく分かりませんが

今回のことはアキラさんにとってもトーカ&ヒナミにとっても

良い出来事だったんじゃないかと思います。

 

三人とも父親を亡くし、さらにその仇とも言える人を前にして

殺し合いにならなかっただけでも充分尊敬に値すると思いますし

今回のことによってアキラも今を生きるきっかけになったのではないかと。

 

なんにしても今回の事で喰種と捜査官の関係が変わるわけではありませんが

少なくともその在り方について考えさせられることになるのは間違いないかと。

 

なんにしてもアキラは当然としてトーカにしてもヒナミにしても

必要なことだったのも間違いないので

これを機に少しでもいい関係が築ければいいなと願いたいところですね。

 

それにしても今回のような戦いも無く

ホッとするというかなんていうか落ち着く感じの回って

滅多にないですがたまにはいいものですよね。

 

ずっと戦いというのもそれなりに魅力はありますが

こういう回があってこそ引き立つというのもあると思いますし

たまにはこういう回もアリだと思います。

 

次回はCCGのことが描かれるみたいですが

旧多がトップの今どう考えてもまともな組織じゃないので

どんなことになっていることやら・・・。

 

第119話へ

第121話へ

 - 東京喰種:re, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。