雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 最新 722話 ネタバレ&感想 ぶ厚い壁を突破する方法

2022年6月9日発売の

週刊ヤングジャンプ2022年

28号に掲載されている

キングダム 722話

ネタバレ&感想になります。

 

第722話 前後の呼吸

内容ネタバレ

 

李牧の完全包囲の中

遂に青歌軍の陣を

突破してみせた羌瘣。

 

副長に続けとばかりに

羌礼らが奮起し羌瘣隊も

その後に続いていた。

 

しかし楽彰は本体でない部隊に

突破されただけだとして

うろたえるなと皆に告げる。

 

飛信隊 信も楽華 蒙恬も

未だここにいる以上

あの程度では戦況は変わらないと。

 

その事は羌瘣自身も理解しており

追って来る敵兵達を振り切りながら

羌瘣は皆に声をかける。

 

”合わせる”必要がある。

私について来いと。


一方その頃、飛信隊は信達が

敵陣を突破できなかったことから

崇原率いる歩兵団が追いつき

総力戦の様相を見せていた。

 

岳雷の死に怒る歩兵団だが

それでもなお敵兵は強く

ビクともしない有様。

 

信も上和龍とその側近らの相手で

手一杯で窮地に陥っていたが

それを打破したのは岳雷の死に怒る

弓矢兄弟こと仁と淡だった。

 

父蒼源に救われたと

何かと面倒を見てくれた岳雷。

 

その仇を討つべく

上和龍へと矢を放つ弓矢兄弟だが

矢を見られたからか

手にした矛で防がれてしまう。

 

しかし信にとっては

十分過ぎるほどの援護であり

上和龍の身体に大きな傷を

付けることに成功していた。

 

そんな上和龍を心配し

目を離した側近の一人へと

攻撃を仕掛けた我呂は

上和龍がまだ生きているのを見て

信に声をかける。

 

敵将は歩兵に任せ

お前は先頭に行って突破をはかれ。

飛信隊を連れていけるのは

お前しかいねェと。


その言を受け入れた信は

自ら先頭に立ち中央突破をはかるが

楽彰は大丈夫だと

皆を落ち着かせていた。

 

中央にいる上和龍の主力は

楽彰軍のそれよりも強力だ。

 

いかに飛信隊とて抜ける前に

力が尽きる、必ずと。

 

そんな楽彰の言が正しかったのか

上和龍軍の副将である

豪座公の目前まで辿り着いたところで

信の足が止まってしまっていた。

 

豪座公はなかなか足掻いたと

ほめてやるかと笑みを浮かべ

信を討ち取るべく動くが

信は十分だろ、ここまで来りゃと呟く。

 

ぶ厚い壁を拓くには

掘り進めばいい。

”前後から”呼吸を合わせてな。

 

その言葉を訝しんだ豪座公が

後ろへと目を向けると

そこには抜けた先から舞い戻った

羌瘣の姿が!?

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

前回のラストで羌瘣が

敵陣を突破したのは分かってましたが

その後の動きは見事と

言うほかないですね。

 

まだ陣が突破出来たとはいえませんが

羌瘣隊と信達が挟撃を加えたことで

かなり流れが変わってくるかなと。

 

ただ飛信隊はどうにかなるとしても

楽華隊の方は正直厳しいですね・・・。

 

蒙恬が負傷したのもそうですが

敵の大将である楽彰が

未だ無傷というのも痛い。

 

一対一だったら愛閃にも

勝ち目がありそうな気はしますが

相手は二人ですからね。

 

とりあえず前回の感じを見るに

陸仙が参戦してきそうではあるので

そこに期待するしかないのかも。

 

ともあれ弓矢兄弟の奮闘もあって

今回は一気に流れが飛信隊に

来たのは間違いないかと。

 

あとはそこに楽華がついて行けるか

と言ったところではありますが

楽華もここで終わるような

連中じゃないですからね。

 

この状況の中、楽華がどういう風に

ここを切り抜けるのか楽しみです。

灼熱の愛閃の奮闘に期待!?

 

第721話へ

第723話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

© 2022 オススメ漫画ネタバレ情報局