オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

キングダム 最新 468話 ネタバレ&感想 罠の明暗と予測外の存在

      2016/03/31

3月24日発売の週刊ヤングジャンプ17号に連載されている

キングダム 468話のネタバレ&感想になります。

 

第468話 ”吉”と”凶”

内容ネタバレ

 

慶舎の危機に紀彗軍が割って入ったことで混戦となったが

ゼノウ一家の包囲は想像以上だったようで

紀彗もこの状況を打開することが出来ずにいた。

 

そうした中、ゼノウ一家の兵が紀彗に対し弓で狙撃しようとした瞬間

それを阻んだのは救援にやってきた馬呈だった。

Sponsord Link

弓兵を片付けた馬呈は劉冬と共に包囲するゼノウ一家を次々となぎ倒し

紀彗のもとまで辿り着いていた。

 

その二人の働きに紀彗はさすが我が両腕だと称賛しつつも

なんとか慶舎をこの場から脱出させなければとして

その居場所を確認することになるがその時慶舎は既に包囲の外にいた。

 

慶舎は一瞬の隙をついて包囲していたゼノウ一家の一画を崩していたようで

それを確認した紀彗は目でそのまま本陣へと戻るようにと訴えかけると

慶舎はそれに従う様に部下を連れその場を後にするのだった。

 

そんな慶舎を追いかけようとゼノウが動き出そうとした瞬間

馬呈がそれを阻むため動き出そうとするが

慶舎の指示があったらしく残った慶舎の部下が足止めを行なうことに。

 

馬呈はここは任せて行けと言われたものの納得できない様子を見せるが

丘の紀彗軍が敵に押し込まれていると聞かされ紀彗と共に向かうことになるが・・・。

 

そして慶舎が逃れたのを見た桓騎が厳しい表情を浮かべる中、

なんとか脱出した慶舎はお互いに紀彗ら離眼兵の力を推し量れていなかったが

今回はその見落としが”吉”と出て桓騎に”凶”が出ただけの事であり

その恐ろしさは十分に感じていた。

 

その上で慶舎には桓騎の”弱点”も見えていたらしく

未だ姿を見せない桓騎に首を洗って待っていろと思いながら

自陣へと馬を走らせるのだった・・・。

 

そしてあわや全滅の危機にあった飛信隊だったが

馬呈らがいなくなったことでようやく合流しつつあった。

 

信は何が援軍だ!と自分達をエサにして慶舎を仕留めようとした桓騎に

毒づきながら戦場の様子を窺っていた。

 

そうした中、貂は今まともに動けるのは半分ほどしかいない状況ではあったものの

すぐに丘の戦いに参戦することを提案する。

 

それは今の飛信隊は完全に敵の視界から消えているためであり

上手く行けば丘右半分を勝利に導けると考えていた。

 

しかし、信は敵の視界から消えているならもっとでかいものが狙えるはずだと言い出し

さっき戦場を見渡しているときに”それらしい”ものが丘の裏へと登っていったとして

自分達の手で敵の大将である慶舎の首を取ると号令をかけるのだった。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

なんとかゼノウ一家の急襲を防いで包囲から脱出した慶舎でしたが

とりあえずこれは予想通りの結果でしたね。

 

絶体絶命の危機に陥ってたのは間違いないと思いますが

ああいう状況で敵の大将である慶舎が討ち取られるという光景が

想像できなかったですし、やっぱりという感じでした。

 

まあ、いずれにしても今回慶舎が桓騎の罠にかかったことで

命は拾ったもののその被害は結構大きくなりそうです。

 

慶舎が飛信隊を討つために引き連れていた部隊自体はそれほど多くなかったですが

紀彗が慶舎を助けるために来たことで

彼と相対していた黒桜軍はその隙にかなり押し込んだと思いますしね。

 

馬呈・劉冬を連れて紀彗が自陣へ戻ることになりましたが

劣勢に追い込まれつつあるのは間違いないかと。

 

それにしても桓騎に囮というかエサにされてしまった飛信隊ですが

えらいものに目をつけたものですよね・・・。

 

敵の大将首を狙うということ自体は珍しいものではなく

むしろ当然と言えますがまさに転んでもただじゃ起きないという感じです。

 

次回の展開としては飛信隊が慶舎を追いかけて迫れるかどうかという流れになりそうですが

十中八九無理だろうなと思いつつ、成功したら面白いかもと思ったりしています。

 

今回の最後のほうでの飛信隊の煽りかたがどうにも

大戦功の予感を煽っているかのように感じられましたし

ちょっと次回が楽しみですね!

まあ、無理だとは思いますがそれも浪漫ではないかと(笑)

 

第467話へ

第469話へ

 - キングダム, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。