オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

キングダム 最新 522話 ネタバレ&感想 波状攻撃と蒙恬の戦術眼

      2017/07/06

2017年6月29日発売の週刊ヤングジャンプ 31号に連載されている

キングダム 522話のネタバレ&感想になります。

 

第522話 左翼の絶望

内容ネタバレ

 

王翦のもとへ左翼本軍が攻撃を始めたとの報が入った頃

紀彗軍に秦の第二波が襲い掛かろうとしていた。

 

本陣では予想だにしていたなかった敵の動きに驚愕するものが続出する中

紀彗はこれは”波状攻撃”であることに気付くが・・・。

Sponsord Link

麻鉱軍の第二波が襲撃を開始する中

部隊を率いる麻鉱はここまで一方的なのは”陽動”の功、

つまり楽華隊によるものが大きく

紀彗軍をここまで翻弄した蒙恬の活躍を認める発言を口にしていた。

 

戦が始まる前、王翦と麻鉱の前に呼ばれた蒙恬は

今回楽華隊がこなす役目について説明を受けていた。

 

その役目とは”囮”であり最強の攻撃力を持つ麻鉱軍をどういう形でぶつけるかは

楽華隊の働きにかかっているとのことだった。

 

麻鉱は自身の軍に絶対的な自信があるのか

仮にお前達が失敗しても負けるということはないと蒙恬を侮っていたが

蒙恬が麻鉱軍が波状攻撃を行なおうとしている事を気付いていたことに加え

もたついたら”主攻”の座をうちがもらうと笑みを浮かべたことで

その見る目を変えていた。

 

趙軍の兵士たちは見えていなかっ敵の奇襲を受けたことで

その数を実際よりはるかに多いと錯覚し

さらに五千もの騎馬隊第二波が加わったことで大きく士気を下げられていた。

 

しかもさらに第三波、第四波と続きこの波状攻撃を喰らえば

もはやこの戦場は決したも同然であったが

この軍の大将である紀彗がそれをさせなかった。

 

紀彗はすぐさま敵に対する指示を出した上で

敵はあくまで五千ずつの四波である二万であり

対する我が軍は三万であることを自覚させ戦力はこちらが上だと告げ

今の流れに押し切られなければこの数の差と離眼兵の質で必ず勝てると檄を飛ばしていた。

 

この時紀彗は一つだけ事実に反することを口にしていた。

それは最初の楽華隊の奇襲と麻鉱軍の波状攻撃で数千の兵を失っており

兵力は同等か逆転していたことを。

 

無論そこは承知の上での檄だったが

紀彗はこの戦局の移ろいの中で麻鉱軍以上に

楽華隊・蒙恬に脅威を感じていたのだった。

 

くしくも馬呈を討ち損でしまった楽華隊だったが

蒙恬は麻鉱が予想通り波状攻撃を仕掛けた事で

今の戦局が王翦の想定していた配置になったことに気づいていた。

 

紀彗軍本陣では紀彗が部下たちに改めて今の現状と

なぜ楽華隊が麻鉱よりも脅威なのかを説明していた。

 

今紀彗軍は麻鉱軍の波状攻撃を止める為全力を注がなければならない状況だが

この状況下に遊軍となっている楽華隊五千は

そのまま真横からでも背後からでも決定打を撃ちこむことが出来る

最大の脅威となってしまっていることを。

 

流石の紀彗も挑発・陽動の五千が主役に化けられる存在になるとは読めなかったらしく

この盤面を想定していたであろう王翦の戦術眼の凄さを理解させられていた。

 

本陣に左翼の動向が伝わった時王翦は

やはり見えておったかと小さく呟いた。

 

それは蒙恬が去り際に告げた

もたついたら”主攻”の座をうちがもらうという言葉に対してであり

あの時点ですでに蒙恬にも王翦と同じ盤面が見えていたことを指していた。

 

そして王翦と同格の戦術眼を見せつけた蒙恬は隊の皆に

一度敵の視界から消える事を指示すると

次の一手で大将である紀彗の首を取ると告げるのだった。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

前回に引き続き蒙恬の凄さが際立った回でしたが

王翦と同格の戦術眼を持っていることまで明らかになってましたね。

 

あくまで同格と思われるだけでおそらく実際に相対したら

王翦が勝つでしょうけど少なくとも王翦レベルにあるのは間違いなそうです。

 

それはひいては李牧とも同格であるとも言えますし

やっぱり若手三人の中では蒙恬が頭一つか二つ上にいるのは

紛れもない事実でしょうね。

 

それにしても最近になって蒙恬にしても王賁にしても

知力の部分で随分と目覚ましい活躍を見せているだけに

信のバカさ加減がちょっと目立ちますね・・・。

 

元々信は本能型なのでそういった頭を使うことは苦手なのはわかっていましたが

ここに来てちょっと致命的ともいえるくらいに

差が出てきている気がします。

 

三人の中で突出して武力が際立っているとも思えませんし

もうちょっと頑張らないと彼らをライバルと見るのも厳しくなりそうです。

 

ともあれ今の段階で蒙恬がその才能を明らかにしたのは間違いないので

予告であった通り次は右翼にスポットが当たることになるかと。

 

右翼には王賁がいますので

次は王賁がどこまで活躍できるか楽しみです。

 

信はその後ということになりそうですので

一先ずはライバルたちの活躍に期待したいですね!

 

第521話へ

第523話へ

 - キングダム, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。