オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

3月のライオン最新 130話 ネタバレ&感想 夏の日の思い出と両親の記憶

      2017/02/10

2017年1月13日発売のヤングアニマル 2号に連載されている

3月のライオン 130話のネタバレ&感想になります。

 

第130話 真夏の底 ヤングアニマル 2号掲載(2017)

内容ネタバレ

 

暑い日差しが照り付ける夏の日、

あかりはいつものように相米二の店の手伝いをしていた。

 

しかし最近のあかりは一度倒れてしまった相米二の負担を少しでも減らす為なのか

銀座の店やら三日月堂の手伝い、さらには家族の世話までこなしているようで

思わず相米二に注意されるほどブラックに動いていた。

 

相米二はそんなあかりに対し頑張るのは立派だと認めながらも

あかりの体調を心配し体壊してからじゃ遅いんだぞと言い聞かせ

あかりもまた相米二の言う通りに一先ずモモの迎えまで家で少し休むことに。

Sponsord Link

家に戻ったあかりはやっぱり体は正直なのかうつらうつらとしながら

お日様が出ている時に横になる罪悪感と多幸感を感じながら

布団に横になるが以前祭りのときに林田と島田に支えてもらった時の事を思い出していた。

 

その夜の事を楽しかったなと思い返し

また会いたいなと思っていたところに銀座の店に会いに来てくれて

嬉しかったなと笑みを浮かべていた。

 

そして転びそうになって誰かにつかまえてもらったのなんて

子供の頃以来だと父と母と一緒に祭りに行った時の事を思い出す。

 

しかし記憶とは厄介なものでいい思い出と悪い記憶は複雑にからみあっていて

いらない所を切り取って捨てられるそんな都合のいい機能はなく・・・。

 

お父さんは何度か帰らなくなった時期があった。

最初の時はひなが産まれることになり戻ってきたが

モモの時にはもう戻ってこなかった・・・。

 

17歳の娘の目から見ても父の心が戻らないのは明らかだったが

それでも母は最後の最後まで父との別れに全身全霊で苦しみ

人を好きになるというのはこんなにも恐ろしいものなのかと・・・。

 

そんなふるえるような最後の日々を母の目を通して見ていた私は

「人を好きになる」という一生分の恐怖をあの時期味わってしまったのだと思う。

 

そして父は消え、母は去り、私はこのむし暑い部屋で一人セミの声を聞いている。

父の事を思い出すと今も手脚が冷たくなるけれど

支えてもらったお腹と二の腕だけはぼんやりとあったかくて

少しさみしいとあかりは思うのだった。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

なんとも切なくなるような今回の話でしたが

とりあえず一言言わせてもらうとしたら

全部、誠二郎(妻子捨男)が悪い!

 

今回の話であかりが恋愛というものについて

どう思っているのか感じているのかが少し分かりましたが

あんな父親を見てればそう思うのも分からなくもないなと。

 

もちろん母親のほうもあんな父親に惚れてしまった挙句に

亡くなってしまった以上悪いといえば悪いんですが

もう亡くなっている以上文句も言えないですしね。

 

それにしても改めて思いましたが

あかりさんは優し過ぎるのが欠点ですね。

 

もちろん優しい事は悪いことばかりではなく

十二分に魅力的な部分でもあるんですが

言ってみれば相手が悪かったとしか言いようがないですね。

 

人の気持ちがまったく理解できていないあの父親から

あんなにも優しい娘が出来たことに驚きますが

あの父親のいる家庭にとってはプラスにはならないかと。

 

そんな彼女だからこそ川本家が平和なわけですが

その分彼女の人生は聞こえは悪いですが犠牲になっているとも言えるわけで

手放して称賛できることではないでしょうね。

Sponsord Link

それにしても今回の話を読んで思ったんですが

あかりさんは今まで恋人作った事ないのかもしれませんね。

 

両親の関係で人を好きになるということの悪い面を見てしまったためか

一生分の恐怖を味わってしまったとのことですし

ひなちゃんやモモちゃんの世話とは別にそういったことに触れないように

過ごしてきたんじゃないかと。

 

別に恋人を作らなくちゃいけないわけではありませんが

あれだけの美人さんですし、やっぱり損をしているのは間違い無いと思います。

 

まあ、でも島田さんと林田先生の影響からか

あかりさんにもちょっとした変化が生まれているみたいですし

親ではないんですが正直ちょっと嬉しかったというか安心したというか。

 

別に二人のどっちかとしか付き合っちゃいけないわけじゃないですし

他にも彼女にアタックしてくる男共もかなりいるとは思いますが

それでもあの二人の存在は良い影響を与えているのは間違いないと思います。

 

そういえば島田さんと林田先生が銀座の店にやって来た時の事が

少し描かれていましたが特に言及されていたわけじゃないので

林田先生が酔いつぶれたことも特に問題なかったみたいですね。

 

まあ、話が話なのであえて今回はあっさりした感じで描いたのかもしれませんが

最後のページにあった二人の顔はどちらも笑顔だったので

あれが原因でダメになるということはなさそうです。

 

なんにしても父親の影響もあって

自身の恋愛に色々思うところがあるのはわかりますが

この漫画のファンの一人として

やっぱりあかりさんには幸せになってもらいたいので

少しづつでもあの二人がその心を解してくれることを願っています。

 

ちなみに次回ですが予告を見る限り次号には連載されない可能性が高いので

続きは4号以降になるかと思います。

 

それと今回はアニメが絶賛放送中だからか

別冊として放送中のパート6話分がついています。

 

さらに三姉妹役の声優さんたちのとのクロストークもありましたので

そのうち単行本かファンブックに載るとは思いますが

まだ見ていない方はチェックを!

 

第129話へ

第131話へ

 - 3月のライオン, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Comment

  1. メイホームズ より:

    いつもネタバレありがとうございます。あかりさん毎日本当にお疲れ様です。人として尊敬します。先生と島田さんにまた会えて嬉しかったんですね。まだ癒し?どちらが恋愛対象かはまだまだ不明みたいですね。先生を応援している私としては、大人で優しい性格だけど棋士の島田さんは、純情な先生と苦労性のあかりさんを友人目線で微笑ましく思っててほしい。島田さんの登場で、先生は今回人生初?の積極的な行動をして頑張って恋してますけど、島田さんは誰にでも優しいです!酔っぱらった先生にも。二階堂君にも。桐山君も棋譜見てて車に引かれそうになった時、バシッと頭つかんで助けてたし。誰にでも出来る人です。お祭りの夜は、島田さんも将棋の事も忘れて、病弱な二階堂君からのお祭りへのお誘いで、大雨のアクシデントが心からみんなと居て楽しかったのではないでしょうか?あかりさんを助けた時に先生の想いを知った。島田さんの関心はたぶん、胃の痛み解消したあかりさんのゼリーですよ~(希望)

  2. 匿名 より:

    零とあかりはやっぱりなさそうだな

  3. ひめ より:

    綺麗なあかりさんに全く色恋沙汰がないことが不思議でしたが、
    そうか、父親のせいで恋愛恐怖症?納得です。
    本当に深く書かれているなぁ・・・。

    私も島田さんのエピが大好きで、島田さん早くいいお嫁さんが来て
    健康管理してくれよと思っていたのですが、
    零の淋しい青春を、あれほど救ってくれた林田先生のほうが
    あかりさんにはいいのではと思ってしまって。

    それに零が、先生は優しさはあるけど、あかりさんの相手としてはない、と
    決めつけている場面が、将棋では先を読めるのに
    現実世界では読めない未熟さを描いているような気がして(深読みしすぎ?)

    ともかく早くあかりさんの幸せな顔が見たい!!

    単行本街なのですがいつも待ちきれなくて
    こちらの記事、本当にうれしいです。

    これからもよろしくお願いします。

  4. 匿名 より:

    あかりさんの記憶の中で捨男に掴まれていたのが左腕
    夏祭りの夜に左腕を掴んだのは島田さん
    ということで、あかりさんにとって現状は左腕を掴まれる=捨男の嫌な記憶に結びつく
    のを島田さんが幸せで嬉しい記憶に上書きしてくれることを今回で暗示してるんだろうな、と思います

  5. 匿名 より:

    林田先生押しなのは分かりますが、島田さんが好きな人も多いと思うので……
    私は微妙な気持ちになります。

    島田さんも普通の人です。

  6. 匿名で~す より:

    あかりさんに最も近しい人々以外で、心穏やかな時間を彼女の一時に与えられた。
    それが林田センセと島田八段である事が、読んでてちょと安堵してしまいました。

    おっちょこちょい且つすっとこどっこいな林田センセだと、気苦労絶えない気もするけれど、空回りするほどの人情は他の誰にも負けてなさそうだし。
    普通だからこその温かさ、でも束縛するわけでもなく、”オレは誰かに必要とされたいんだ!”という暑苦しいまでの”正義感”(?)は、川本家にとってもなんか素敵かも。
    なんて思ってしまいました。
    いやぁ。和菓子も含め、試食バンバンしてくれて、感想のたまってくれそうな気もするんですが。。。
    ちょっと、迷走しそうな気もするけど・・・。いや、確実にするかも・・・。

    というのもですが。
    個人的には苦労症の島田八段こそ早いところ救われて欲しい気もするんですが、
    ”棋士である自分”という存在が他者を深く傷付けるという事実も三段リーグの際に”失った彼女”を通じて知ってるだろうから、彼が人を愛する事に果たしてエゴイストになれるかどうか・・・。
    まず、”天童から名人を”という目標と、棋士としての筋を通した生きざまに、勝負師ではない普通の人を巻きこめるか否か。
    何より、悪化傾向の強い胃袋抱えてこれからも戦場を渡り歩いていくのは確実だから、島田さんの事、余計周囲の人を(特に大事だと思う人こそ)遠ざけてしまいそうな、そんな気がしてしまったんですが・・・深読みしすぎかな。
    零の頭をかち割った時のような、静かだけれど確実に煽る手法で林田センセらをまとめてしまいそうな、そんな・・・気も。
    なにより、島田さんの内面を写すようなあの紅蓮の炎に似た夕景に飲み込まれるように、彼自身が対局の途上で燃え尽きてしまわなければいいんだが・・・とちょっと不安を覚えたりしてる昨今です。
    まぁ。その前に二階堂くんが縛り上げて管理監督してそうですけどね。

    何より、あかりさんが幸せだと、みんなきっと幸せのドミノ倒しになれるんだろから、今後の展開を楽しみにしておりまする。

  7. 匿名 より:

    母親は別に悪くないでしょ。人を好きになるってことはどうしようもないし、まず妻子捨男も、元々は優しくて真面目だったそうですし。普通は愛想尽かすとこですが、それでも愛してやまないと、深い愛情が垣間見れて寧ろ好感を持つべきところだと思いますが。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。