オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

3月のライオン 最新14巻の発売日と内容ネタバレ 大人の恋事情と職団戦

      2018/12/19


ヤングアニマルで絶賛連載中の

3月のライオンの最新14巻の発売日について

明らかになりましたので紹介したいと思います。

ちなみにちょっと内容ネタバレもしています。

 

発売日は?

 

気になる発売日ですが

2018年12月21日(金)

 

現在予約受付中なのでリンク載せておきます。

もちろん発売後にはここから購入もできます。

 

ちなみに特装版は

羽海野チカイラスト描き下ろし&デザイン監修おでかけエコバック付きとのこと!

今回は白&黒ウサギver.の2種類!

 

amazon⇒3月のライオン 14巻通常版

amazon⇒3月のライオン 14巻特装版白ウサギver.

amazon⇒3月のライオン 14巻特装版黒ウサギver.

楽天⇒3月のライオン 14巻通常版

楽天⇒3月のライオン 14巻特装版白ウサギver.

楽天⇒3月のライオン 14巻特装版黒ウサギver.

Sponsord Link

内容ネタバレ

 

前巻である13巻では127~139話まで収録されていたので

今回は140話~152話となるかなと思いますが

今までの流れからだと発売日後にすぐ続きが読めていたので

その周辺まで収録されるかも?

 

内容としては

ある日、川本家へと訪れた零がいつものように夕食をご馳走になっていたところ

今日のメニューを決めた理由について聞かされることに。

 

そしてその決め手となった幸運の女神さまと呼ばれるマニーちゃんという

猫にはとんでもないご利益があることを。

 

そうしたある日、3代目となるマニー様がご生誕したとの報せが入り

さらに三日月商店街のどなたかにというおふれが・・・!?

 

話は変わりある店にて台湾スイーツである豆花を食べた

あかりとひなたはそのおいしさと見た目のよさに感嘆し

自分達の屋台で出したメニューの参考にするため

色々意見を出し合っていた。

 

そんな二人が豆花を知ったのは夏休みに

あかりとひなたの二人でちほちゃんに会いに行った時の事だった。

 

そこで知り合ったのは

台湾美人のリンユーさんは地元の獣医師の奥さんであり

センターに手伝いに来ていたことがきっかけでちほちゃんと仲良くなった人だった。

 

そんな彼女から色々台湾のスイーツに関しての話を聞いたことがきっかけになったのか

実際に店で豆花食べ舌鼓を打った二人は

早速作ってみようと買ってきた生ピーナッツをネットで見た通りに処理。

 

そして薄皮を剥がす作業を行う二人だが思った以上に苦戦してしまい

助っ人として零が呼ばれることに。

 

しかし一人加わってもなお大変なことは変わらず

気合いを入れる二人に対し

零は林田先生と島田さんを呼ぶことを提案するが・・・!?

という感じですかね。

Sponsord Link

もう少し詳しい内容が知りたい方はこちらからどうぞ!

140話 ヤングアニマル 19号掲載(2017)

141話 なつかしい味①

142話 なつかしい味➁

143話 赤い橋のほとりで①

144話 赤い橋のほとりで➁

145話 赤い橋のほとりで③

146話 赤い橋のほとりで④

147話 赤い橋のほとりで⑤

148話 秋の風景

149話 秋の風景➁

150話 秋の風景③

151話 秋の風景④

152話 秋の風景⑤

153話 秋の風景⑥

1話くらいの誤差はたまにあるので一応153話まで。

 

話のタイトルがわかるものはそのタイトルになっていますが

コミックスに収録してからわかるものが多いので

~号掲載という形にしています。

 

まだ全巻持っていない方、これから全巻購入しようとしている方用に

私がいつも利用しているショップのリンクを載せておきますので

よろしければこちらから購入してくださると助かります。ポイントもついて送料無料!

3月のライオン全巻

人気がかなりある漫画ですので売り切れていたら申し訳ない!

 - 新刊およびDVD情報, 新刊情報, 3月のライオン ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Comment

  1. CSK より:

    記事に書いてあるエアバッグってなんぞ
    と思ってAmazon開いたらエコバックだった。
    いやぁ14巻やっと発売ですよ!
    本棚のほこりかぶった三月のライオンに新しい巻が増えると、また最初から読みたくなります。

    • 管理人 より:

      自分でも何故気づかなかったのか・・・取り急ぎ訂正しましたので。
      報せていただきありがとうございました。

  2. 匿名 より:

    連載の間隔がかなり開いたりして、ますます展開がスローになり、この先何を描いていくのだろうかと心配に。連載が始まったころは、かつての天才羽生さんをはじめ、高齢化が進み将棋への関心も下降気味の時代。そんな時代背景での零君の物語は非常に興味がわきました。天才中学生プロ棋士でありながら、もがき葛藤しながら少しずつ成長していく姿に当初は引き付けられ、コミックスは全巻もっています。しかしながら、最近のスローすぎる展開にイライラ感が募ってきていた矢先、現実が漫画の世界を凌駕し追い越してしまいました。そうです、藤井聡太七段の登場ですよ。中学生天才棋士が、あれよあれよという間に数々の新記録を打ち立て、将棋界のトップに向かって突き進む現実。正直、グダグダ間の漂う零君の世界よりはるかにワクワクするし面白い。以前は、3月のライオンの新刊が発売になるのが待ち遠しくてしょうがなかったのですが、いまはどうでも良くなってきました。作者は現実が漫画を凌駕してしまった中で、今後の展開をどうするのか?どちらかと言うと、将棋の勝負はどうでも良くて、ラブコメ色を強めていくのかなと。そうなったら、もうこの漫画読むの止めようかな思う今日この頃です。

  3. FUN より:

    連載の間隔があくようになり、話の展開も超スローペースに。連載当初は、中学生プロ棋士の零君の成長を非常に興味をもって読んでいました。連載当初の現実の将棋界は、天才羽生さんはじめ時代を築いてきた騎士が高齢化し、新しい時代を担う棋士を求めている状況。そんな中での3月のライオンの連載開始でしたので、本当に面白かった。だから、コミックス新刊の発売が1年に1巻になろうとも、楽しみに待っていました。
    しかしながら、現実が漫画を超え凌駕してしまった今はどうでしょう。そうです藤井聡太七段の登場です。漫画が家庭愛路線に舵を切り、将棋の勝負よりもまったりとした時間の流れに身を委ねているいる最中に、現実のほうがはるかにワクワク感があり面白い展開になってしまいました。藤井七段が、本来零君が駆け上がるはずの階段を、一気に駆け上がっています。正直、このまま3月のライオンが超スローペースである意味棋士の勝負よりも家族愛のグダグダ感中心で行くのならば、藤井棋士の活躍をトレースした方がはるかに絵になるし面白いなと。
    作者は、ここまでスローな展開にしてしまい、棋士としての零君の生き様を今後どうやってまとめていくのでしょうか?零君がありきたりの勝ち方で昇格していったのでは漫画の世界の意味がない。藤井棋士の今の姿をしのぐ展開ってあるのかな?やっぱり恋愛路線を色濃くするのだろうか?もしそうなったら、もう3月のライオンは読まなくなってしまいそうで・・・。将棋の世界を軸にした場合の今後の展開は、本当に難しくなったのではないかなと思います。

  4. orihika より:

    3月のライオン14巻購入…あとがき読んでビックリ(゜o゜)
    作者が12年前に書いてた『ハチミツとクローバー』9巻の表絵で花本先生、真山、野宮さんの3人が将棋指してます。
    実は作者、12年前からこの3人がいつか職団戦をする話を書くつもりでこの表絵にしたのだとか…(;゚Д゚)
    12年越しの伏線回収に驚愕してしまった( ;∀;)


    ハチミツとクローバー 9巻の表紙で将棋指してる3人↓
    https://electron-comic.com/honey-clover-ninth/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください