葬送のフリーレン 考察・その他

葬送のフリーレン 全七崩賢まとめ! 特殊魔法やその顛末について

葬送のフリーレンの世界で

魔王直下の大魔族として

有名な”七崩賢”について

色々まとめてみました。


七崩賢とは?

 

前提として七崩賢とは

一体なんなのかについて。

 

冒頭で説明した通り

魔王直下の大魔族で構成された

魔王軍の中でも

最大戦力といえる七人の魔族を

七崩賢と呼びます。

 

誰が一番初めにそう言ったのかは

定かではありませんが

人側のみならず魔族側でも

その呼称が使用されています。

 

その為恐らく魔王自身か

腹心である全知のシュラハトが

付けたんじゃないかなと。

 

彼らの代名詞である魔法は

特殊で第97話観測にて

ソリテールがこう話していました。

七崩賢の魔法は

人知も人の理も超える。

身体や脳の構造など

生物的な違いから

人類には決して扱えない魔法。

それが七崩賢の魔法であると。


七崩賢一覧

コミックス7巻第63話から出典

上記の画像は第63話南の勇者

明らかになった一コマで

現状全七崩賢が描かれている

唯一のコマになります。

 

宙に浮かんでいるのは

魔王の腹心である

全知のシュラハトなので

それ以外の七人が

”七崩賢”となります。

 

未だ全ての七崩賢について

明らかにはなっていませんが

現時点で分かっている事を

それぞれ紹介します。

 

断頭台のアウラ

第14話言葉を話す魔物にて初登場。

作中においてこの時初めて

七崩賢の名が明らかに。

 

絶大なる魔力を武器に

”服従の天秤”を用い

自分よりも魔力が劣る相手を

”服従させる魔法”で服従させ

不死の軍勢を率いていた。

 

南の勇者との戦いや

勇者ヒンメル一行との戦いを

経験してなお生き延びる。

 

魔王が討たれた後も

生存が確認されていたが

第22話服従の天秤にて

フリーレンによって討たれる。

 

敗因はフリーレンが

魔力量を偽装していたことに

気付かなかった事。

 

黄金郷のマハト

第63話南の勇者の一コマで

初登場しましたが個人としては

第77話竜の群れが初めて。

 

七崩賢最強として呼び声高く

過去フリーレンも敗北し

現在においても勝てるイメージが

沸かないと言わしめる実力者。

 

かの者の代名詞となった魔法は

人や物を問わず黄金へと変える

”万物を黄金へと変える魔法”

 

フリーレン曰く

最強の”呪い”であり

解除するのはほぼ不可能な

人知を超える魔法とのこと。

 

しかし結果としてフリーレンが

この魔法を解析することに

成功したことが切っ掛けとなり

第102話相討ちにて

弟子であるデンケンに討たれる。


不死なるベーゼ

第59話小さな人助けにて

ヒンメルの逸話の一つとして

フリーレンとヴィアベルの

会話中に初登場。

 

第102話相討ちにて

回想シーンが描かれ

勇者ヒンメル一行に討たれた

七崩賢二人の内一人だと判明。

 

使用する魔法は

詳しくは描かれなかったものの

”結界魔法”だと思われる。

 

結界に閉じ込められた

フリーレンが解除するのは

無理だと諦めかけたほど。

 

敗因はフリーレンだけを

脅威だとみなし

ヒンメル達を侮った事。

 

奇跡のグラオザーム

第63話南の勇者の一コマで

初登場しましたが個人としては

第89話罪悪感が初めて。

 

未だ戦闘シーンはないが

恐らくヒンメル達勇者一行に

討たれた七崩賢二人の内の一人。

 

その力や魔法は不明だが

第89話罪悪感にて

記憶を消す力?魔法?が

ある事が明かされる。

 

その際にマハトが言っていたが

戦い方なのかその魔法なのか

マハトが戦いたくない程

相性が悪いとのこと。

 

他の七崩賢三人

少し見づらいかもしれませんが

上記の画像の➞の人物については

名前すらも明らかになっていません。

 

南の勇者に討たれたのは

間違いないとのことですが

それ以外の情報はなし。

 

七崩賢の情報については

作中で明らかになり次第

随時追記していく予定です。

-葬送のフリーレン, 考察・その他
-,

© 2023 オススメ漫画ネタバレ情報局