オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

東京喰種トーキョーグール:re 最新 135話 ネタバレ&感想 ピエロの創設者

      2017/08/17

2017年8月3日発売の週刊ヤングジャンプ 36・37号に連載されている

東京喰種トーキョーグール:re 135話のネタバレ&感想になります。

 

第135話 夜が来る

内容ネタバレ

 

物心ついたときに親はおらず

自分が”ただの一人”と知る。

 

腐肉を漁って暮らし新鮮な肉が欲しくて

7歳の時人を手にかけ肉の味を覚えてからは

絶え間なく手にかけた。

 

喰い場のため退屈しのぎに同種も手にかけ

やがて自分がとりわけ”特別”な個体と知る。

 

そうして生き死にすら平坦な毎日を繰り返すうち

突然、気付く。「飽きた」

 

隣に広がる華やかな社会という国。

浅ましい欲望のために必死で”ごっこ遊び”を続ける彼ら、

児戯のように手足を捥ぐ対象でしかない「人間」をはじめて羨ましく思った。

 

なんと醜く、弱く、哀れで、楽しげか!

もっと彼らをかき乱したい、彼らこそ神から私へと与えられた「パンとサーカス」!

そして私は「ピエロ」をつくった。

Sponsord Link

帆糸ロマ 本名・なし 改名・数えきれない程・・・ 年齢 51歳

彼女は”派手なパーティ”のあと、コクリアに投獄されていた。

 

白鳩は彼女がピエロの創設者とは知らず

ピエロたちすら自分達が誰の庭にいるのかわかっておらず

処分は先送りされていた。

 

誰も正気ではいられず夜ごと囚人たちの発凶していくコーラスを楽しんでいたところ

アオギリの樹によるコクリア襲撃が起きる。

 

ロマはタタラから仲間になって欲しいと頼まれるものの

舞台に上がることに楽しみを見いだせず断り

その襲撃の最中、脱走しウタのところへ身をよせていた。

 

ウタから居間の状況について聞くと共に

新しい仲間についての話を聞く。

 

紹介された彼が喰種捜査官だと自称したことで

疑ったが手帳を取り出して見せたので爆笑し

ロマはそんな彼を面白いと感じ・・・。

Sponsord Link

背後から瓜江を串刺しにしたロマは

喰種と人間の共通の敵は退屈だと語る。

 

その治療法は状況を変え刺激を浴び続ける事であり

それが最高の治療法なのだとして

この世はサーカス、すべてはたのしい無意味であると語り

手で顔を触ると瓜江から受けた傷痕は綺麗に再生されていた。

 

ロマはカネキと旧多が数十年前の”地下の王”みたいに

快楽提供してくれることを望んでいるらしく

それがかなうなら舞台にだってあがるのだと思いながら

瓜江を壁に叩きつけていた。

 

そして黒磐特等に落とされた死堪を目覚めさせると

次の瞬間SSSレートうろんの母と呼ばれる

巨大な化け物の姿へと変貌。

 

倒れ伏した瓜江はまだ辛うじて意識こそあったが

ロマの変貌した姿を目にし自分は今日死ぬのだと諦めるが

そんな彼を守るように黒磐特等が前に立ち・・・。

 

一方、フレームアウトさせられたオッガイたちの赫子は

カネキと同じような赫子へと変化し

避ける間もなく何人もの喰種の命を奪っていた。

 

そんな彼らに対し六月は全ては王が戻る前に済ませるとして

王の急所であるトーカを狙うように指示し

自分たちを狙って来る喰種を返り討ちにしていた。

 

戦えない人達を抱えるトーカを逃がしたヨモは

一人六月たちの相手をすべく立ち塞がるが

地下へと逃げたトーカ達が向かった先には

血だまりの中、返り血を浴びながら「行き止まりでーす」と告げるハジメの姿が!?

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

まさかロマがピエロの創設者だったとは

思ってもいませんでしたが

何よりも驚いたのは年齢が51歳だということ。

 

あの時から何年か経っているので現在はもっと歳がいっているとは思いますが

それにしたって老けなさすぎる気がします。

 

ロマ曰く自分が特別な個体であることはわかっているみたいですが

まるで歳をとっておらず瓜江から受けた傷もあっさりと再生していることから

不老不死に限りなく近いのかも。

 

喰種自体がどれほどの寿命なのかはわかりませんが

少なくとも芳村店長らを見る限り

だんだんと老いていくのは間違いないでしょうし

一体ロマは何者なんでしょうね・・・。

 

あと地下の王のことも知っているみたいですし

色々な意味で重要な人物なのは間違いなさそうです。

 

いきなり怪物に変貌しましたことについてですが

あれはエトと似たようなものなのかも。

あれより更にキモイ感じでしたけどね。

 

そして後半のアジト襲撃の続きについてですがとりあえず現状

ヨモvs六月&晋三平、

ナキ達白スーツvsフレームアウトオッガイ、

トーカ&ヒナミvsハジメ

という感じになりそうですね。

 

正直どれも劣勢としか言いようがないくらいに

マズイ状況ではありますが

どう考えてもヨモさんはここで命を落とすことになる気がします。

 

前に結婚式で泥酔するほど喜んでいたのがフラグだとは言いませんが

彼にとってトーカさえ守れるならば命すら投げ出すことも厭わないでしょうし

十中八九ここでさよならということになりそうな気がします。

 

まあ、トーカちゃんも含めて全員命を落としてもおかしくはないので

遅かれ早かれという感じかもしれませんが

ヨモさんが命を懸ける以上トーカちゃんだけでもなんとか生き残って欲しいものです。

 

ともあれどちらの状況も絶望的ではありますが

助けが来る可能性がないわけではないので

その辺りに期待するしかないのかもしれませんね。

 

第134話へ

第136話へ

 - 東京喰種:re, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。