オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

キングダム 最新 527話 ネタバレ&感想 舜水樹参戦と犬戎

      2017/08/24

2017年8月17日発売の週刊ヤングジャンプ 38号に連載されている

キングダム 527話のネタバレ&感想になります。

 

第527話 橑陽の牙

内容ネタバレ

 

早くも両翼の熱戦が展開する朱海平原の戦い。

その地から南西に約三百里、そこでももう一つの重要な戦いが

同時進行していた。

山界の王楊端和対橑陽軍の戦いである。

 

一万の兵を率い援軍にやって来た壁は

あらゆる局面で敵軍を押し込む山の民の圧倒振りに

驚嘆していた。

 

しかし楊端和は敵の戦い方がずっと単調なことから

何か狙っているのではないかと考えており

その旨を壁に伝えていた。

 

そうした中、突如少数の騎馬隊が前線と本陣の間に出来た隙間に現れる。

何事かと訝しむ楊端和たちだったが

その騎馬隊の足下には捕えられたと思しき山の民の姿が!?

Sponsord Link

少数の騎馬隊を率いて現れたのはこの軍の総大将を任された舜水樹であり

彼は楊端和たちから見える位置に足を止めると

連れてきた山の民をその場で次々と槍で串刺しに。

 

そして楊端和に向けて挑発するかのように指を指し向けると

それに憤った山の民たちが襲い掛かる着前に馬をとって躱し

後方から前線にいる山の民へと襲い掛かるのだった。

 

そんな舜水樹の動きを見ていた公孫龍がようやく総大将が到着されたとして

すぐさま迎えの隊を送った一方

目の前で山の民を殺された楊端和はしっかり顔を覚えたぞと

目に怒りを灯していた。

 

本陣にやってきた舜水樹は着くなり全軍退却を指示すると共に

困惑する彼らに対しこの戦いで勝つにしても奴らを深く引きこんで

”一人残らず”息の根を止めたいと思っていると告げる。

 

それはここで討ち漏らした残兵が

朱海平原に流れることを懸念しているためであった。

 

その上で城まで後退すると話す舜水樹の言葉に

公孫龍はまさかと思いながら思い当たることがあったらしく

舜水樹は”橑陽の牙”であの秦軍の肉を引き裂くと告げるのだった。

 

突然の敵軍退却に困惑する壁だったが

楊端和は不自然な退却であることを理解しながらも

視界から消え鄴に行かれる

怖れがあるとしてすぐさまその後を追うことに。

 

敵が退く理由としてこの先に趙軍の有利な戦場があるのか

それとも強力な援軍が待っているかのどちらかだと考えながら

後を追っていた楊端和率いる山の民だったが

ある程度進んだ先にて少し風景が変わって来たと感じると共に

狼のものと思しき遠吠えが鳴り響いていた。

Sponsord Link

公孫龍が本気で橑陽場を巻き込むつもりなのかとその真意を確かめようとしていたところ

部下の一人から”橑陽の牙”とは何の事なのかという声が上がっていた。

 

舜水樹と公孫龍はそれを聞き一瞬無言になりつつも

今ここにいる軍は橑陽軍だが兵はその一帯から集められたもので

真の橑陽城の兵ではないと告げる。

 

言っている意味が解らず続きを促そうとした部下だったが

次の瞬間、崖上にて展開する軍に気づく。

 

それは追いかけてきた山の民の同様であり

その姿を見た者達が騒めいていた。

 

困惑する部下たちに対し舜水樹は

橑陽城には趙人と異なる人種の人間が巣食っているのだと語り

現れた軍勢の様子を窺っていた楊端和は

何か感じたらしくすぐさま全軍に敵の突撃に備える様にと指示を出していた。

 

異なる人種とは何かと聞かれた舜水樹は

あれは”犬戎”、かつて中華の周王朝をその手で滅ぼした

大犬戎族の末裔が城を占拠しているのだと告げる。

 

崖の上にて軍勢を展開する”犬戎”、

その姿は狼と思われる毛皮を纏った異様なものだった・・・。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

舜水樹の到着によりついに本番かと思われたところに

狼の毛皮を被った部族って流石に考えてもいない展開に・・・。

 

中華史において異民族によって

被害を受けるのはそれほど珍しくはないですが

国まで亡ぼすほどですからその脅威は半端じゃないでしょうね。

 

調べてみると国を滅ぼした犬戎と呼ばれるものたちは

秦の穆公によって度々蹴散らされたらしいですが

まさかここに来て穆公の名が出てくるとはなかなかに興味深いものがあります。

 

確か楊端和たち山の民と政を繋げたのが彼の民との交流をもった穆公ですので

犬戎としても秦としてもかなり因縁深い相手になるのではないかと。

 

ともあれ山の民もどっちかと言えば中華において異民族と呼ばれていますし

部族こそ違うものの犬戎が弱いわけがないでしょうね。

 

同数での戦いではないのでどちらが強いのかは正直なんともいえませんが

このタイミングでの参戦ですしそれなりに苦戦するのは免れないだろうなと。

 

趙との関係がどうなっているのかはともかくとして

犬戎に加えてさらに舜水樹率いる趙軍もいるわけですから

流石の山の民もかなりの被害が出るでしょうね・・・。

 

最終的には楊端和たち山の民が勝つだろうとは思いますが

犬戎との戦いがどんな風になるのか楽しみです。

 

とりあえずある程度苦戦したところで壁将軍の出番も来るとは思いますが

上手く活躍して楊端和の目に叶うのを願っています(苦笑)

 

第526話へ

第528話へ

 - キングダム, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。